新型Xperia、Xperia 10&10 Plusの相当ガッカリなスペックと価格が判明

2月25日に新型Xperiaフラッグシップ、Xperia XZ4 (仮称)と同時に正式発表されることが予想されているミッドレンジXperia。

昨日、Xperia “XA3″シリーズではなく、Xperia 10シリーズとしてリリースされることが判明したこの2019年版Xperiaですが、今回、これら2モデルの一部スペックおよび価格がリークされていました。

Xperia 10のスペックと価格

・ディスプレイ: 5.9インチ、2560x1080p, 21:9、FHD+

・CPU: Snapdragon 630

・メモリ:3GB RAM

・ストレージ:64GB

・microSDスロット搭載

・ハイレゾオーディオ

・メインカメラ:13MP+5MP

・フロントカメラ:8MP

・バッテリー容量:2870mAh

・3.5mmイヤフォンジャックあり

・価格:349ユーロ(約4.36万円)

Xperia 10 Plusのスペックと価格

・ディスプレイ: 6.5インチ、2560x1080p, 21:9、FHD+

・CPU: Snapdragon 660

・メモリ:4GB RAM

・ストレージ:64GB

・microSDスロット搭載

・ハイレゾオーディオ

・メインカメラ:12MP+10MP

・フロントカメラ:8MP

・バッテリー容量:不明

・3.5mmイヤフォンジャックあり

・価格:429ユーロ(約5.37万円)

両者のサイズ以外の最大の違いはCPUでXperia 10はSDM630、SDM660。

同世代のXAシリーズではチップで差別化をしたことはなかったので、これはちょっと以外。

一方、10も10 Plusも全体的なスペックとしては前モデルに相当するXperia XA2シリーズからの進化は乏しいと言わざる得ません。

特に「10」のCPUはXA2シリーズからの据え置きということで、これはいくらミッドレンジでも他メーカーではないスペックの「不変」っぷりではないでしょうか。

また、Xperia 10の方のバッテリー容量は2870mAhとXA2の3300mAhと比べて大幅減。しかも10は5.9インチと5.2インチのXA2よりも画面サイズが大幅にアップしているため、バッテリー持ちが相当心配です。

唯一の「救い」はストレージが前モデルの32GB→64GBになったことくらい・・・

うーん、今年はなにかやってくれそうな予感がしているXperiaなのですが、いきなり期待が外れたといった感じです。

一方、このXperia 10シリーズのデザインは評価が分かれていますが、一部で支持されている模様。なので、外観で買う、というユーザーはそこそこいるような気もします。

ソース

コメント

  1. たっぽ より:

    え?
    この価格で販売されるなら、
    このくらいのスペックじゃないの?

  2. 十四豚 より:

    逆に安いくらいだと思うんだけど…
    6.5インチのFHD+で 4GB/64GBなら数年前の機種使ってる人でスペック気にしないならかなり買いだと思うけど

  3. ああああ より:

    Z3使ってるけど、XA系がこのスペックならドコモオンラインでXZ1の一括一万を買うかな

  4. モチヅキトシキ より:

    まーたエクスペリア下げた記事かよ

  5. そそそそソニー より:

    そもそもこの値段VAT込み???

    4万円と5万円は妥当だと思うけど、
    3万円前後のファーウェイとシャープから
    シェアを奪うのは難しいと予想。

    フラッグシップも台数は捌けないだろうから、ソニーモバイルはどこで売上作るつもりなんだろう

  6. 百合子 より:

    スナドラ660なんて中華なら2万円台から買えるしバッテリーも2,000mAh台とか正直💩( ‘-‘ 💩 )
    これを安いと感じるのは相当セレブでいらっしゃるのかな?

  7. 名無し より:

    2年前の製品というか、SD660はまだしももう630ってミドルとしては型落ち感ありますものね。
    1年前にはもうSD636、RAM4GB、バッテリー3~4000mAhのモデルが出始め、それが今はこのスマホの半額で手に入りますし。
    画面やカメラ性能だけ良くても基礎性能が低ければ活かすのは難しい。
    下げ記事というか値段も考えると初代VAIOphoneの後追いをしてる様にしか…

  8. ひー より:

    悪かろう安かろう、赤字の理由がわかる。