次期Xperia XZ4の発表・リリース予定「ずれ込み」の可能性、ミッドレンジの発表予定の遅れで

MWC 2019でのソニーモバイルの新型Xperia発表まであと3週間となりました。

このイベントでは同社が新型モデルを発表することはすでに確定していますが、具体的にどういった機種が発表されるのかは不明。

ただ、毎年のパターンより、Xperia XZ4こと、新型Xperiaフラッグシップモデルが最低1モデルは発表されると期待されています。

しかし、今回、この期待が外れる可能性を示唆する新情報が発見された模様です。

I3XX/I4XXの正式発表は元々はCESの予定だったが、これが延期された。
これにより、2019年前半のXperia機種全体のリリース(発表)予定がずれ込む可能性が高い。

そしてMWCでは新型Xperiaフラッグシップは一部の関係者のみを対象に展示される可能性が高い。

また、もし次期XperiaフラッグシップがMWCで公に発表されるとしてもリリース時期は遅れる可能性が高い。

ここでいうI3XX/I4XXとはすでにUaprofやベンチマーク、認証機関通過などで存在が確認されているミッドレンジXperiaのこと。

これ、海外のPocketnowというガジェットサイトのMWCについての記事ページのコメント欄に投稿されていたもので、元ソースはWeiboだと思われますが、この手の情報の信憑性はいつものごとくかなり低め、ということはご了承ください。

また、仮に信頼できるソースであったとしても「可能性が高い」と言っているだけで確定事項ではない模様。

MWCなどでは個室のブースで一部関係者にのみ未発表製品を見せる、というのは珍しいことではないようですが、これはまだ公式発表まではできないプロトタイプなどを部分展示するケースが多いようなので、”XZ4”もまだその段階、ということでしょうか?

そう言えば、有名リーカーのZackbucks氏やESATO上のリーカーもCESでミッドレンジXperiaが最低でも2モデルのミッドレンジ機種が発表されることを明言していましたが、結局同イベントでの新モデル発表はなしでした。

有名リーカーのこの手の情報が外れるというのは結構意外だったのですが、今回の情報の通り、土壇場でCESでの新機種発表がキャンセル・延期されたというのであれば、なるほど、といった感じもします。

もちろん、だからといってミッドレンジとは別に開発されているはずの“Xperia XZ4“の発表・リリースまでずれ込む理由としてはちょっと納得しにくい部分もあります。

ただ、現在、2019版の未発表XperiaとしてはXperia XZ4、XA3 Ultra、XA3、L3、さらにはXZ4 Compactの5モデルが存在すると言われています。
(機種名はすべて仮名です)

となると、さすがにMWC 2019で新型Xperiaを5モデルも一気に発表、というのはせっかくのフラッグシップ発表のインパクトが薄れてしまう可能性もあり。

それを避けるために戦略としてXZ4の公式発表・リリースをずらす、ということもあるのかもしれませんね。

となるとひょっとして、Xperia XZ2 PremiumのようにMWCの数ヶ月後に単独発表、なんてこともあるのでしょうか。

だとすると、ドコモ、au、ソフトバンクの夏モデルとしての発売も8月前後までずれ込む、という可能性もありそうです。