iOS 13アプデ対象のiPhone、一気に3世代が切り捨て、iPhone 7以降が対象に

2019年版の最新iOS、iOS 13

秋頃にリリースされると思われるこの次期iOSアップデートの対象・非対象機種が判明した模様です。

イスラエルのサイト、The Verifierが伝えたもので、これによると:

iOS 13アップデートの対象機種:

・iPhone XR
・iPhone XS Max
・iPhone XS
・iPhone X
・iPhone 8 Plus
iPhone 8
・iPhone 7 Plus
・iPhone 7

iOS 13アップデートが提供されない機種(iOS12までは提供):

・iPhone SE
・iPhone 6S Plus
iPhone 6S
・iPhone 6 Plus
・iPhone 5S

つまり、iPhone 7シリーズ以降のモデルはバージョンアップ提供対象、3世代のiPhoneシリーズが一気にアップデート対象から切り捨てられる、ということに。

一方、iPadに関しては iPad mini 2, iPad mini 3, iPad mini 4, iPad Air and iPad Air 2がアップデートの対象にならないとのこと。

それでもAndroidスマホに比べるとかなり長期間OSアップデートをサポートしていますが、一気に3世代のiPhoneがバージョンアップ対象から外される、というケースは今回が初めてではないでしょうか。

一方、日本ではiPhone 5sを使っている方は流石にあまり見かけなくなりましたが、iPhone 6/6sシリーズのユーザーはまだかなり多いという印象。

売上が低迷しているアップル、ここらで一気にOSアップデート対象機種を減らして買い替えを促す、という意図もあるのかもしれませんね。