新型Xperia “XZ4″はスマホ最高画素数、52MPカメラと0.3MP ToFセンサー搭載か、トリプルカメラのスペックがリーク

ソニーモバイルが2月25日に正式発表する2019年版の新型Xperia

この感じだと「Xperia XZ4」ではなく新シリーズの1号機、かつプレミアムXperiaという位置づけ(ただし、”Premium”という言葉は使われない可能性大)でリリースされそうなこの次期Xperiaですが、すでにほぼ100%確実な外観より、同モデルには背面に3つのカメラセンサーが搭載されることが明らかになっています。

ただ、このトリプルカメラの「中身」についてはいくつかの整合性に欠ける噂レベルの情報があるだけで、これといった有力な情報はまだほとんどないと言った感じ。

しかし今回、この俗称「Xperia XZ4」こと次期Xperiaフラッグシップのカメラまわりのスペックについての興味深い情報が”画像つき”でリークされていました。

ご覧のように3つのカメラは一番上が16MPでF値2.6の望遠カメラレンズ

真ん中のメインカメラは52MPのF/1.6となっており事実ならばhonor View 20の48MPセンサーを抜き、画素数では世界最高のセンサーを搭載、ということになります。

また、一番下は0.3MPのToFセンサー搭載で、これはおそらくオートフォーカスの速度を上げることが主な目的搭載されるものだと思われます。

これ、Redditに投稿されていたもので、画像自体は過去にリークされたCADベースのレンダリング画像を使っているものだと思われ、公式なものでないことは確か。

ただ、内容に関してはESATO上のリーカーが投稿している暗号のようなヒント”2P 03 14 16 26 52 16 180”と整合性があるので、根も葉もない噂、とは言い切れません。

(ちなみにフロントカメラなのかリアカメラなのかは不明ですが、この”Xperia XZ4”にToFセンサーが搭載されるという情報は当サイトでも別ソースから入手しています)

うーん、もちろん今回の情報もすべてが正しいとは限りませんが、次期Xperiaフラッグシップの仕様についてもすこーしずつではありますが、全体像が見えてきたような気がしないでもありません。

ソース