2019年版の新型Xperiaはやはり機種名変更、Xperia「Premium」も廃止に

2019年版の新型Xperia、と言えば、少なくともXperia XZ4に該当するフラッグシップ1モデル、XA3およびXA3 Ultraに該当するミッドレンジ2モデル、L3に該当するローエンドモデル1モデル、そして日本など一部地域限定でのリリースが噂されているXperia XZ4 CompactことコンパクトXperiaの存在が知られています。

その一方で、2019年版Xperiaはこれまでのネーミングルールが変更される、という噂が以前よりあり、XZ4はN1に、コンパクトモデルはV1になるといった情報も挙がっています。

そんな中、有名リーカーZackbucks氏がこの次期Xperiaシリーズの新機種名について新たな情報をリークしていました。

今年のXperiaでは機種名が変更になりプレミアムモデルが「Premium」を冠するとは限らない、XAシリーズがXAを冠するとは限らない

ちなみに同氏が過去に「候補」として挙げていたXperiaの新名称は:

Xperia N1
Xperia V1
Xperia T1
Xperia A1

順番にN1がフラッグシップ、V1がXAシリーズの無印、T1がXAシリーズのUltra、A1がLシリーズだとしてプレミアムモデルがPuremiumを冠さない、となると、次期プレミアムXperiaはXperia N1 ProもしくはXperia N1 Plus、といった機種名でしょうか。

もちろん、重要なのは機種名ではなく「中身」というご意見もごもっともだとは思いますが、機種名からある程度今後の製品展開が見えてくる場合もあるので気になるところ。

一方、先週にはソニー公式のOpen Sourceアーカイブ上で「Xperia L3」の名称が確認されていますが、これはどうなんでしょう。

今回の情報が正しければL3は仮名で今後変更になる、ということでしょうか。

ローエンドのLシリーズだけそのままで、ハイエンドとミッドレンジだけシリーズ名を変更する、というのもちょっと不自然な気はします。