次期Xperia “XZ4″に搭載のディスプレイは「消去法」でサムスン製OLEDが濃厚に

ソニーモバイルの2019年版の新型Xperiaフラッグシップ、通称「Xperia XZ4」。(←これ以外の機種名になる可能性もかなり高まっていますが)

これまでの情報から2月25日に正式発表、国内ではキャリア版が夏モデルとしてリリースされることが確実となっており、スペックについても21:9の6.5インチスクリーンが搭載される、という点まではほぼ確定事項となっています。

一方、ディスプレイ解像度や種類、供給元などについてはまだ確定的な情報がほぼ皆無。

当サイトでは昨晩、ESATO上のユーザーからの発言をヒントに「この通称Xperia XZ4に搭載のスクリーンがLCDになる可能性がある」とお伝えしたばかりですが、これについては有名リーカーZackbucksが「2019年フラッグシップにLCD搭載モデルはない」という主旨の発言をしたことで、かなり可能性は低くなっています。

となると、どこ製の有機ELが採用されるのか?という点が焦点になってきますがこれについて有名リーカーZackbucksの発言から「消去法」によりある程度このXZ4に搭載されるディスプレイのサプライヤーが絞られてきました。

このスクリーンショットだけでなく、他のユーザーとの一連のやり取りから、まとめると同氏は通称Xperia XZ4に以下のメーカー製のディスプレイが搭載されることは「ない」、としています。

LG
JDI (JOLED)
BOE
Sharp

これ以外で有名所のOLEDサプライヤーと言えばサムスンしかありません。

もちろん、これ以外にシェアを伸ばしてきていると言われている中華メーカーがあるのも事実ですが、今の所、メジャー機種に搭載されたという前例がなく、それをソニーが新型Xperiaフラッグシップに採用する、というのは正直考えにくい状況。

よって、消去法によりやはり次期Xperiaフラッグシップに搭載されるのはサムスン製OLED、というのが一番可能性が高そうです。

なお、ご存知の方も多いとは思いますが、前モデル、Xperia XZ3に搭載の有機ELはLG製ですが、今回の情報が正しければ、次期モデルは少なくともディスプレイのサプライヤーが変更になる、ということになります。

追記:

見逃していたのですが、以下のようなやりとも:

SHARPではないSのつくメーカー、ということになるので、やはりこれはSamsung製OLEDという事になりそうです。

コメント

  1. より:

    どっちだよ

  2. さんとうな より:

    シャープが新しいOLEDをどうのこうのって去年に出てたからワンチャン期待してたけどサムスンか…
    よりギャラクシーと何ら変わりなくなってきたしサムスンは焼けが顕著に出るイメージなんだよな~ どうせファーウェイとカメラのセンサーのOS開発してるんだしLGとも競合開発とかすればいいのに

    • 名無し より:

      oledが焼き付くかどうかは輝度値によるところが大きいのでパネルメーカーだけではなんとも。

  3. かすてらかす より:

    SONYも出資してるJDI、蚊帳の外感が凄いな…。国内で内容してるメーカーあるのってレベル()
    Switchの初期ディスプレイもJDIだったのに辞めちゃったしね

  4. 果汁グミ より:

    なお、現在日韓関係は荒れ荒れに荒れている模様。

  5. かかか より:

    朝令暮改もいいところ
    厚さや消費電力のこと考えたらOLEDしか選択肢がないことは分かることなのに噂に振り回されて愚かだね

  6. ふみはし より:

    日本側の制裁で生産できないわけじゃないならまだいいよ