Galaxy S10シリーズのクレイジーな価格設定がリーク、廉価版モデルが約10万円、最上位モデルは20万円!

サムスンが2月20日に公式発表、国内でもドコモおよびauの2019年夏モデルとしてリリースされることがほぼ確実なGalaxyシリーズ。

同シリーズは廉価版モデルと5G対応の最上位モデルを含めて計4モデル展開になると言われていますが、今回、このGalaxy S10シリーズのヨーロッパでの価格がリークされた模様です。

Galaxy S10シリーズの価格:

Galaxy S10 Lite 6/128GB:779ユーロ(約9.7万円)

Galaxy S10 6/128GB: 929ユーロ(約11.6万円)

Galaxy S10 8/512GB:1179ユーロ(約14.7万円) 

Galaxy S10+ 6/128GB:1049ユーロ(約13.1万円)

Galaxy S10+ 8/512GB:1299ユーロ(約16.2万円)

Galaxy S10+ 12/1TB:1599ユーロ(約19.9万円)

これ、いままでの情報から判断するとGalaxy S10 Liteの正式機種名はGalaxy S10 Eだと思われますが、このエントリーモデルすら約10万円。

一方、最後の2モデル(S10+の8GBおよび12GB RAMモデル)は5G対応版だと思われますが、1TBストレージ搭載モデルはなんと約20万円!

うーん、サポート額次第で一括価格などあってないようなものの日本キャリア版でも、実質価格がS9シリーズからの実質価格アップは必至といった感じですね。

ソース

コメント

  1. k より:

    Galaxy S9は849ユーロ、Galaxy S9+の価格は949ユーロだったみたいなので
    S10が80ユーロの値上げ、S10+が100ユーロの値上げですね

    S8→S9が50ユーロの値上げだったので値上げ幅としても大きめですね

  2. Discoder より:

    20万円出してディスプレイに欠落(パンチホール)が在るのは受け入れられない。