モトローラのRAZR、来月にフォーダブル・スマホとして復活リリース

スマホが普及する前のその昔に存在した携帯電話、Motorola RAZRシリーズを覚えていますでしょうか?

国内ではドコモ、au、ソフトバンクが数機種をリリースしていますが、国内メーカーのガラケーが圧倒的だった日本では大きなヒットとはなりませんでした。

一方、海外、特に米国では一時期はNokiaと人気を二分したほどの人気シリーズで「ケイタイ」と言えばこのRAZRを思い出す方も多いようです。

そして今回、このRAZRがフォーダブル・スマートフォンとして帰ってくる可能性が浮上したようです。

Wall Street Journalが伝えたもので、これによるとモトローラ(正確にはレノボですが)は早ければ2月中にも米キャリア限定で新型のMotorola RAZRをリリースするとのこと。

価格は1500ドル程度のことで、GSMArenaによると、これは過去に特許取得が確認された同社のフォーダブル端末である可能性が高いとのこと。

フォーダブルスマホ元年となりそうな2019年ですが、サムスンがMWC 2019あるいは2月22日に発表するGalaxy Fも1800ドル前後になると言われています。

大画面は魅力ですが、この価格帯だとスマホとタブレットを別々に購入するという方も多そう。

フォーダブルスマホの価格がリーズナブルなレベルまで下がってくるのは来年以降でしょうかね。