新型Xperia “XZ4″のスペック、やはり世界初の4K HDR OLEDスクリーン搭載、指紋センサーは2タイプ

2019年版の新型Xperiaラインナップ。

CES2019で発表されると言われていたXperia XA3、XA3 Ultra、L3が実際には発表されず、リリース自体がキャンセル、あるいは何らかの大幅なスペックやデザイン変更があったのでは?とも。

結局MWC2019でXperia XZ4 (仮名)と一緒に公式発表されるという情報もありますが、今回、有名リーカーZackbucks氏よりこの通称XZ4およびXA3シリーズに該当すると思われる機種の一部スペックがリークされていました。。

I8XXXはハイエンドモデルでXperia XZ4こと次期Xperiaフラッグシップに該当することは間違いないと思われます。

CPUはSD855、メモリは6GB、ストレージは128GBでディスプレイは21:9の4K HDR OLED搭載、となっています。これは当然スマホとしては世界初

なお、カメラはトリプル仕様でそのうちの2つは望遠とマクロレンズでは?とされており、側面指紋センサーはレンダリング画像通り、防水・防塵もいつものXperiaといった感じです。

I4XXとI3XXの型番についてはスペックからするとI4XXXがミッドレンジのXA3シリーズ、I3XXXがローエンドのL3シリーズに該当するようで、これはいままでの情報とは異なります。

というのも当サイトが発見したUnaprof情報ではI3XXXもI4XXXもそれぞれI31XXX~I33XXもしくはI41XXX~I43XXがあり、Iの次の最初の3と4は機種の違いではなくシングルSIMとデュアルSIMの違い、というのが今までのパターンとなっています。

ただ、前述のようにこのミッドレンジXperiaシリーズのラインアップに何らかの変更があったっ可能性もあるのでどちらが正しいとは言い切れません。

それよりも個人的に興味深いと感じたのはこの投稿に対するコメント欄にある同氏からの別の投稿。

2019年版XperiaではXZ4も含めてすべて指紋認証センサーが側面搭載、そして指紋センサーと電源ボタンが別々になることがレンダリング画像より明らかになっています。

しかし、Zackbucksいわく:

次期XperiaではXZ1以前のXperia同様に指紋センサーと電源ボタン一体型のモデルあるいはバージョンもあるとのこと。

これが機種ごとの違いないのか、同一機種でも指紋センサーのタイプが違うバージョンがあるという意味なのかは不明です。

ただ、前者ならばそのモデルはおそらく特許の問題がある米国ではリリースされないということに。

後者ならば米国版のみが、レンダリング画像通りの指紋センサーと電源ボタンが別個のバージョン、日本を含むその他の国・地域では指紋センサー兼電源ボタンを搭載したバージョンが展開されるということになり、独立したボタンが一個減るためデザインも幾分シンプルになりそうですね。

コメント

  1. より:

    メモリ6GBとなるとSAMSUNGのLPDDR5は搭載しないのかな?