ドコモ夏の新型Xperiaは”XZ4”とミッドレンジの2モデルリリースか、ビルド番号が発見の模様

2019年版の新型Xperiaラインナップ。

今のところ、Xperia XZ4、Xperia XZ4 Compact、Xperia XA3、Xperia XA3 Ultra、Xperia L3の5モデルの存在がほぼ確定していますが、機種名ついてはいずれも仮称で正式名称はまだ確定していません。

一方、機種名は別にしてもドコモの2019年夏モデルとしてリリースされるであろう次期Xperia2モデルの存在が判明した模様です。

55.0.B.1.132
53.0.B.0.286

という2つのファームウェアバージョンが掲載。

これ、本物だとすれば異なるドコモ版Xperia、2モデルのものであることは確かだと思います。

というのも、まずファームウェア番号のアルファベット”B”はここ最近のパターンではドコモ版Xperiaのファームウェア位に割り当てられるもの。
(”A”は海外版、”C”はau版、”D”はソフトバンク)

このことからこれら2モデルはドコモの2019年夏モデルとしてリリースされる可能性が極めて高い、と言えると思います。

ちなみにUaprofのURLからもXperia XA3シリーズのファムウェアは53から、L3は54から始まるので、この流れで55はハイエンドXperiaのビルド番号、ということだと思います。

なお、もう1モデルはミッドレンジのXperiaコンパクトモデルとのこと。

ただ、Xperiaのファームウェア番号の上二桁は搭載CPUとOSバージョンが同一ならば機種が異なっても同じ番号となります。(例:Xperia XZ2とXZ2 Compact)

つまり、今回のビルド番号が本物で、さらにこれが新型のXperiaコンパクトモデルに該当するのであれば、Snapdragon 855を搭載することはない、ということになります。(SDM855搭載なら”55”になるはず)

よって、同モデルがXperiaでフラッグシップ/ハイエンドを意味する”XZ”を冠することはなく、機種名としてはXZ4 Compactではなく、XシリーズやXAシリーズに属するモデルということに。

そしてドコモの2019年夏モデルのXperiaラインナップはXperia XZ4ことハイエンドXperiaおよびミッドレンジXperiaの2モデル展開でXperia XZ4 SO-02LおよびXperia ? Compact SO-03Lという型番になりそうでうすね。