Huawei Mate 30 Proは”クイント”カメラ搭載の可能性大、ケースの特許からヒント

ファーウェイが今年秋~冬にかけて発表・リリースするであろう次期フラッグシップモデル、Huawei P30 Pro

国内ではまだ現行のMate 20 Proのソフトバンク版がこれからリリース、といったところなのにもかかわらず、すでにこの次期モデルについての情報がでてきたようです。

以下は中国でファーウェイが特許を取得したケースのイラスト画像。

Onleaks氏によるとこれはMate 30 Pro用のケースである可能性が高いとのこと。

ご覧のように、カメラ部分の切り抜きがMate 20 Proのものよりもかなり大きくなっており、ちょうどカメラレンズ2個ほどといった感じ。

そのため、Onleaks氏いわくこのMate 30 Proは背面に5つのカメラを搭載した”クイント”カメラ仕様になる可能性が高いとのことです。

ちなみに今年はどうやらToFセンサー元年となりそうな感じなので、4つのカメラ+ToFという組み合わせもありそうですね。