次期Xperia ”XZ4”のダントツ性能ベンチスコアがGeekbenchでも発見か、8GBメモリ版も存在の模様

ソニーモバイルが2019年にリリースする新型Xperiaフラッグシップ。

Xperia XZ4という仮の機種名で呼ばれていますが、一部ではXperia XZ3 PremiumやXperia N1といった新ネーミングになる可能性も噂されています。

また、この通称XZ4はレンダリング画像より判明した「外観だけ」が信憑性の高い情報としてリーク済みでスペックなどについては不確かな情報が大半、というちょっと変わった状況になっています。

そんな中、この次期Xperiaフラッグシップに該当すると思われるベンチマークスコアが”また”発見されたようです。

マルチコアのスコアは約13万点とかなりのハイスコア。

赤枠は私が付けたものですが、”r1″という記述は謎。(revision 1とか?)

ただ、I8134という型番は先日Antutu上で発見された際のものと同じで、過去の型番パターンからすると2019年版のXperiaフラッグシップ一号機、つまり通称”Xperia XZ4”に該当すると思われます。

ただこれ、Weiboユーザーの見慣れないBulldog 1というユーザーが掲載していたものですが、今の所、Geekbench本家では発見できておらず、ファイクの可能性も大です。

SDM855のリファレンス機?のものと思われるベンチスコアは過去に複数リークされていますが、これらのスコアはほとんどが10万点台。

つまり、このI8134は同じSDM855でも2割前後スコアが高いということに。

またA12搭載のiPhone XS/XS Maxでもスコアはせいぜい11万ポイント台なので、事実上、最高、あるいは最高”レベル”のベンチマークということになります。

また、XZ4については今の所の情報ではメモリは6GB RAMとのことですが、このI8134は8GB RAMを搭載

この点については今までの情報と矛盾します。

ただ、2019年版XperiaはミッドレンジのXperia XA3シリーズですら6GB RAM搭載との情報もあるので、この新型Xperiaがプレミアムモデルに該当するのであれば8GB RAM版があってもおかしくはないような気がします。

うーん、同じCPU搭載でも他の機種よりスコアが1割前後高い、ということはOnePlusなどでよくありますが、Xperiaでは過去にない例。

なんかこのI8134という型番自体がXperiaのものではないような気すらしてきました・・・