次期Xperiaは世界初4K OLED HDRスクリーン搭載、やはり”XZ4”ではなく”Premium”の可能性大

ソニーモバイルがMWC2019で発表、春~夏頃にかけてリリースすると言われている新型フラッグシップモデル。

基本的には当サイトを含め、”Xperia XZ4″と呼ばれている次期Xperiaですが、この未発表モデルについてのことと思われる興味深い新情報がでてきました。

これによると、次期Xperiaには世界初となる4K OLED HDRディスプレイが搭載される、とのこと。

Xperiaが将来的に4K OLEDを搭載したモデルをリリースする、という情報はすでに昨年の時点ででていましたが、今回のものはZackbucks氏からの情報なのでかなり信憑性は高いと思われます。

一方、Zackbucks氏はこれとは別に2019年版のフラッグシップXperiaはおそらく年後半にリリースされる5G対応版の1モデルのみ、とも示唆しています。

つまり、これは”XZ4”としてOnleaks氏よりレンダリング画像がリーク済みの機種に該当するということになります。

一方、ご存知のように過去のXperiaで4Kスクリーンを搭載しているのはプレミアムモデルのみで、無印Xperiaでは前モデルのXperia XZ3で初めてWQHDが採用されたばっかり。

もちろん「ない」との断言できませんが、やはり無印Xperiaフラッグシップに4Kディスプレイを搭載、というのはやはり不自然な感じがします。

となると、次期Xperiaフラッグシップが”Xperia XZ4″という無印フラッグシップの機種名になる事自体が怪しいということに。

うーん、これまでのZackbucks氏からの情報”だけ”を正確なものだとすると、やはり次期Xperiaフラッグシップは単純なXZ3の後継機としての「無印Xperia XZ4」ではなく、なんらかの新機種名を冠したプレミアムXperiaあるいはネーミングパターンが継続するとするとXperia XZ3 Prremium、となる可能性が高そうですね。