5.7インチの新型XperiaがFCCを通過、Xperia L3か

次期Xperia、と言えばフラッグシップのXperia XZ4が注目されていますが、2019年版Xperiaとしてはすでに3つのミッドレンジ~ローエンドモデルの存在が確認されており、おそらく1月初めのCES2019で発表されると言われています。

そして今回、このうちの一つと思われる新型XperiaがFCC上の通過ドキュメントから発見されました。

このFCCのラベルおよびラベル位置の情報の図は通常はかなり適当なのですが、なぜか今回のものは結構ディテールまでしっかり描かれてています。

ベゼルはXperiaとしては「普通」といった感じですが、すでにレンダリング画像で外観が明らかになっているXperia XZ4よりはかなり太め。

また、Xperia XA3やXA3 Ultraともフロントカメラの位置が違うので、消去法で残る機種としてはXperia L3ということに。

以下はOnleaksが数週間前にリークしたL3のレンダリング画像ですが、ざっと見た感じではデザインは完全に一致しています。

また、FCCドキュメント内にはディスプレイサイズが145.6mm (5.73インチ)、端末全体の斜め幅が165.6mmとのこと。

Onleaks氏からの情報ではL3のディスプレイサイズは約5.7インチのことだったのでこれはだいたい一致。

ただ、縦横は153.8 x 71.9なので、これから斜辺を求めると169.7ということになり、4ミリほどのズレが生じることになり、この部分については謎です。

なお、FCC通過済みのXperiaとしてはすでに以下の2つのFCC IDが確認されており:

・PY7-58241M=PY7-67200Y=PY7-48141M

・PY7-57442Y

これらのどちらかがXperia XA3、もう一方がXA3 Ultraだと思われます。