次期Xperia XZ4は日本でもSIMフリー版「I9193」が発売の可能性

Xperia XZ3の後継モデルとして注目される次期Xperia、Xperia XZ4。

トリプルカメラに21:9ディスプレイ搭載と、リーク通りならば2018年版Xperiaからはかなり大きな変貌を遂げそうなこの新型Xperiaですが、今回、地味ながらちょっと気になる型番関連の新情報がでてきました。

機種名は不明(XZ4?)だが、型番I9193は日本と台湾、そしてその他の国でリリースされる

投稿者は機種名は確かでない、としていますが、普通に考えるとこのI9193はXperia XZ4あるいはそれに相当する別名の機種、という可能性が極めて高いと思われます。

一方、2018年版Xperiaフラッグシップの型番がH8XXX/H9XXXだったという点、そしてすでにUnprof上で存在が確認されている2019年モデルのXA3シリーズの型番がI3XXX/I4XXXであることからして、2019年のXperiaフラッグシップがI91XXもしくはI81XXからスタートすることはある意味当たり前。

そういった意味で今回の情報は特に目新しいものではありません。
(I8XXX/I9XXXXはまだUnprof上では確認されていませんが)

しかし、注目すべきはこのI9193が日本で発売される、という部分。

「次期Xperiaフラッグシップ(XZ4)が日本で発売される。」
これ自体も過去のパターンからして特に驚くことではありません。

ただ、ご存知のように国内キャリア版のXperiaにはこのアルファベット+4桁数字といった型番は割り当てられません。

例えば、Xperia XZ3の場合、海外SIMフリー版はH84XXもしくはH94XXですが、ドコモ版ならばSO-01L、auはSOV39、ソフトバンクは801SOといった独自のモデル番号が割り振られます。

つまり、今回のI9193は今までのパターンでいけばSIMフリー版なので、もし日本でこの型番のままリリースされるのであれば、Xperia XZ4は日本でもSIMフリー版が発売される、ということに。

ひょっとすると、今回の投稿は「I9193に該当する別型番のモデルが日本で発売される」という意味もありえるので、たとえ情報そのものはリアルでも言葉の綾、という可能性も。

ただ、そうならばわざわざ国名まで書かないような気もします。

一方、国内では昨年のXperia XZ Premium (G8188)がNuroモバイルからSIMフリーで発売されたケースもあるので前例がないわけではありません。

ただ、そのリリース時期はドコモ版から遅れること数ヶ月だったので、今回のXZ4のSIMフリー版も仮に実在するとしてもドコモ・au・ソフトバンク版と同時期に発売されるとはかぎりません。

そう言えば、数ヶ月前だったと思うのですが、ESATO上?でソニーは来年から少なくとも海外ではキャリア版の展開を縮小する、といったニュアンスの情報を見かけた記憶があります。

コメント

  1. 三太 より:

    XZPのsimフリーはnuro専売且キャリアと同じ定価と言う微妙さで結局値下げしたし、simフリーとして売るならキャリア版より定価の値下げは必須で販路を増やすべきだろう。

    そもそもsimフリーでは高価なハイエンドよりスペックそこそこで手頃な価格のスマホが良く売れるからXAシリーズを防水Felica対応にして売る方が良いと思う。