新型Xperia “XZ4″の特徴はバッテリー持ち、前モデルから「ほぼ2倍」、ただし容量の大幅増量はなしとの新リーク

Xperia XZ4こと新型Xperia

先日の公式にかなり近いと思われるレンダリング画像のリークによりデザインについてはほぼ全貌が明らかになっている一方で、スペックについては外観からわかる点(トリプルカメラや21:9スクリーン、側面指紋センサーなど)以外、まだ確実性の高い情報は限られています。

そんな中、この次期Xperia、XZ4のバッテリー周りの仕様について興味深い新情報がでてきました。

以下はGizmochinaの記事のコメント欄に投稿されていたもので、ソースはWeiboと思われます。

新型Xperiaフラッグシップのバッテリー容量は(過去モデルから)それほど大きくはならない。ただし、新(型)バッテリーシステムと新省電力モードの搭載により、バッテリー持ちは2倍近くになる。

確実な情報ではありませんが、今の所、Xperia XZ4のバッテリー容量は3900mAhと言われています。

一方、現行最新モデルのXperia XZ3のバッテリー容量は3300mAhなので、もしXZ4の3900mAhが事実だとすれば2割近いバッテリー増量。
これは十分に「大増量」といえるレベルなので、今回の情報とは矛盾するように思えます。

が、これは主観にもよるのであまり気にしないほうが良いような気はします。

ただいずれにせよ、他の条件がすべて同一で単純に2割程度のバッテリーが増量されただけでバッテリー持ちが2倍になる、というのは普通はありえないと思われます。

ちなみにそのバッテリー持ちが2倍の理由としては、バッテリー自体のなんらかの物理的な変更とファームウェアレベルでの省電力機能モード強化といったハードとソフトの両面での進化、という解釈で良いような気はします。

ソニー(もしくはソニーモバイル)がバッテリー効率を劇的に向上するような新技術を取得したといった情報は聞いておらず、バッテリーに何らかのハード的な改良があるとすると何なんでしょう。非常に気になります。

一方、Xperia XZ3はドコモやauの公式スペック上でもXZ2やその他の最近のXperiaモデルと比べてバッテリー持ちがかなり悪くなっています。

この点を勘案すると、今回の情報が正しいものでXZ4のバッテリー持ちがXZ3からは2倍近くでも歴代のXperiaの平均からは1.5倍くらい、といった感じでしょうか。

コメント

  1. 七氏 より:

    スナドラ855の時点で物理的に伸びるけど?ちょっと記事書く人間としてレベル低すぎない?