2019年版の新型Xperia、リーク済み外観以上のベゼルレスに?XA3の保護シートがリーク

2019年にソニーモバイルがリリースする新型Xperia

Xperia XZ3の後継機となるXperia XZ4、おそらくドコモなど一部限定リリースとなるXperia XZ4 Compact、そしてミッドレンジのXperia XA3、XA3 Ultra、ローエンドのXperia L3と合計5機種の存在が確認されており、これらはすべて超有名リーカーのOnleaks氏からCADデータをベースにしたレンダリング画像もリーク済み。

しかし、今回、少なくともこれらの一部の機種のデザインがレンダリング画像とは大きく異なる可能性がでてきました。

以下はIce universe氏がリークしたXperia XA3のものとされる保護シートの画像。

以下はOnleaks氏によるXA3のレンダリング画像。

端末上部のベゼルの幅はほぼ一致しているように見えますが、保護シートにはあるセンサーやマイク用の穴がレンダリング画像では確認できず、スピーガーグリルのいちもシートのものは微妙に上にズレているように思えます。

また、決定的に違うのは下部ベゼル。

レンダリング画像のものよりも保護シートのものの方が下部ベゼルが圧倒的に狭くなっているのがわかります。

保護シートどおりの下部ベゼルだとすると、以下のような感じに?↓

これだけで随分雰囲気が違うような気がします。

ちなみにざっと測定したところ、この保護シートの画面部分のアスペクト比は20.7:9となてっています。

Onleaks氏がリークしたレンダリングが画像が実物と大きくズレていたいたことはほぼ皆無(1度くらいあった気がしますが、どの機種だったかは失念してしまいました)。

一方、Ice universe氏からの情報は不正確なこともあるので、現時点ではレンダリング画像のほうが信憑性は高いと思います。

が、それでも未発表モデルに「絶対」はありません。

リーク後にソニーモバイルがデザインを変更したといった可能性も否定はできず、XA3だけでなく他の新型Xperiaも保護シートどおりに当初よりもかなり「ベゼルレス化」がすすんだ可能性もありそうです。