Xperia XZ4の価格はXperia史上「最も高く」、4G版で12万円超え、5G版は15万円との情報

ソニーモバイルがMWC 2019で発表すると言われている新型フラッグシップXperia、Xperia XZ4。

21:9ディスプレイ、SDM855、トリプルカメラ、側面指紋センサー搭載など、一部スペックは判明しているものの、4G版と5G版が存在する可能性など、まだまだ不明な点も多々あります。

そんな中、この次期Xperiaの価格についてちょっと興味深い新情報がでてきました。

Reddit上に投稿されていたもので、投稿者いわくオランダのフォラムで見つけた情報とのこと。

これによると、まず、Xperia XZ4の価格はXperia XZプレミアム機種も含めて過去のXperiaの中で最も高くなる、とのこと。

具体的な価格としては4Gモデルが950ユーロ(約12.1万円)、5Gモデルは1200ユーロ(約15.2万円)

この情報が正しいとう確証はないので鵜呑みにすべきではないとは思いますが、価格自体はありえない数値ではないように思えます。

そもそも、Xperia XZ4はトリプルカメラで6GB RAM、ストレージは256GBも存在すると言われており、一部ではディスプレイも4Kといわれています。

つまり、このXperia XZ4は過去の無印Xperiaフラッグシップはもちろんのこと、プレミアムXperiaと比較してもスペックが劣る点はないように思えます。

そういった意味ではXperia XZ PremiumやXZ2 Premiumから2万円ほど高く、また過去のXperiaで一番高くなるのは仕方がないのかな、という気はします。

また、Xperiaの一般的な価格は「スペックの割には高い」という声が多いだけで、他メーカーのフラッグシップ機種と比較して特に高いわけはありません。
(現にiPhone Xs Maxなどは64GBモデルで12万円超え)

ただ、5Gモデルの15万円超え、というのはどうなんでしょう。
先日、OnePlusのCEOが同社のリリースする5G対応モデルは非対応モデルと比べて200~300ドル高くなる、と言っていたので、この次期Xperiaでもその価格差自体は仕方がないのかもしれません。

その一方で、サービスがまだあと1~2年はまともに使えないのにそのプレミアムを払う、というユーザーは少ないような気がします。

ちなみにこのXperia XZ4、国内キャリア版は4Gモデルとの噂もありますが、はっきりとしたことは不明。

また、キャリア版の価格はサポート額によって大きく変動するので「一括価格」などはあってないようなもの。

ただ、流石に海外価格とは言え、12万円を超える機種となるとキャリア版でも実質価格への影響は免れないような気はします。

コメント

  1. 名無し より:

    流石は酷産

  2. より:

    このスペックなら12万までなら買うかな5Gはまだ要らない

  3. 田仲田奈 より:

    政府の方針で支払い方法が分離されると今後は一括価格が重要になってきそうですね。

  4. もののけ より:

    どこのメーカーもどんどん高くなりますね
    もうついていけないです

    カメラだけハイスペックで他はミッドレンジで価格抑えめな機種が増えるといいなぁ

    シャオミが日本に来るかもって話はなくなったんですかね

  5. いつも覗いてます より:

    キャリアの機種代サポートが無くなりそうなので、家庭持ちでの丸々負担になるときつそうですね。

  6. 通りすがり より:

    5Gならまだしも4Gだったらこの価格はないわ
    もっと良いのが出てきそう