次期 Xperia XZ4の保護シート&ケースがリーク、やはりかなりの”ノッポ”デザインに

ソニーモバイルが来年2月末のMWC 2019で発表、国内ではおそらくドコモ、au、ソフトバンクの2019年夏モデルとしてリリースされると思われる新型Xperia、Xperia XZ4。

この次期Xperiaの保護シートとされる画像がリークされていました。

2種類のシートが写っており、左側のものはフロントカメラやセンサー、スピーカー部分全体を切り欠きにしたもの。

右側のものはこれらの部分に穴が空いたタイプのもので、こちらは再度ベゼルまでカバーするタイプのようです。

Xperia XZ4は先にリークされたCADベースのレンダリング画像より約21:9の超縦長ディスプレイになることが明らかになっていますが、こうやって保護シートをみると更にノッポさが強調されるような気がします。

ちなみに、ご覧のように上部ベゼルと比較して下部ベゼルがかなり細くなっているのがわかりますが、同時にやはり下部フロントスピーカーは非搭載。レンダリング画像通り、Xperiaフラッグシップとしてはおそらく初めて?下部側面に移動するようです。

ちなみにこのXperia XZ4については先週くらいに背面・側面の外観がよくわかる保護ケースの画像もリーク済み。

フラッグシップXperiaで公式リリース発表前にこの手のアクセサリー類の情報がリークされること自体かなり珍しいです。

また、他機種の場合、保護シートやケースの画像がリークされると正式発表・リリースはその1~2ヶ月以内という感じ。

だとすると、このXperia XZ4のリリース時期が例年よりも前倒しになるという噂はほんとうなのかもしれません。

ただ、その一方でZackbucks氏は次期Xperiaの「最上位モデル」のリリースは5~6月になるという情報もリークしており、前倒しリリース説とは矛盾します。

やはり、Galaxy S10シリーズのように4Gモデルと5Gモデルで発表・発売時期がずれる、ということでしょうか。

ちなみに以下はice universe氏が作成した21:9画面でコンテンツ表示したXZ4のシミュレーション画像。

縦長だとスクロール無しでより多くの情報を表示できるのは当たり前ですが、コンテンツを表示すると意外に違和感もないような気がします。

追記:上記のXZ4向け保護シートとは別に同機種向けのケースの画像もリークされていました。

側面の穴は上から順番にボリュームボタン、指紋認証センサー、電源ボタン、カメラボタンだと思われます。

コメント

  1. 名無し より:

    ポケットに入れるのも限界が…

  2. a より:

    本当にこんな狭いベゼルだといいなあ
    Pixel買うか、発表待ちになるかも

  3. K320i より:

    一番上の写真は、
    左がSidesenceを使う曲面ディスプレイ
    右がXZ2までの様な2.5Dガラス用の保護フィルムでは?
    だとすると、フラッグシップモデルが2つ存在すると言うのは、この事でもあるのでしょうか…

  4. 名無しのXperia lover より:

    ここまで縦長になると逆に不便かも。
    18:9あたりを維持してくれることを願いたい。