Galaxy S10シリーズ3モデルのカラバリが判明、”Lite”はイエローやレッドも

サムスンの次期フラッグシップモデル、Galaxy S10シリーズ。

今の所の情報でによると発売はMWC 2019のちょっと前、2月20日になる可能性が高いようですが、一部では5G対応モデルに関してはそれよりかなり遅くなるという情報もあります。

また、このGalaxy S10シリーズはGalaxy S10、Galaxy S10+の他にGalaxy S10 Liteという3モデル展開になることが判明しています。

そして今回、このGalaxy S10シリーズ3モデルのそれぞれのカラーバリエーションがリークされていました。

SAMMOBILEからの情報で、下位モデルのGalaxy S10 Liteはイエロー、ホワイト、ブラック、ブルーとかなりカラフルなカラーバリエーションに。

ただ、Onleaks氏によるとこのS10 Liteにはこの他にレッドも存在するようです。

ちなみにGalaxy S10 (無印)には”Ceramic”というバリエーションがあるようで、これはおそらく裏面の素材が従来の樹脂ではなくセラミック製という意味ではないかと思います。

Galaxy S10もしくはS10+には5G通信対応版と非対応版があり、前者はヘッドフォンジャックなしでバッテリー容量も増量されていると聞きます。

となると、ひょっとするとこの”セラミック版S10″こそが5G通信対応版のS10、という可能性が高そうです。