iPhone XI、デザインは原点回帰?古き良きiPhoneのコンセプト画像

iPhone XS、XS Max、XRなど、2018年版iPhone。

国内でも昨年のiPhone 8に売上で劣るという異常事態?が続き、かなり不調な模様。

中国でもクアルコムによる訴訟で旧機種だけでなく最新3モデルについても販売差し止めの可能性があるとか。

なんとなく雲行きの怪しいiPhoneですが、今回、iPhone XI (iPhone 11)およびiPhone XI Maxのものとされる非公式コンセプト画像がYoutube上に掲載されていました。

メインカメラは来年、複数のハイエンドフラッグシップ機種に搭載されそうなトリプルカメラ

デュアルフロントカメラでノッチは廃止。かわりに2019年の「流行り」となるであろうHIAA(穴あき型ディスプレイ)に。

ディスプレイはフラットで、全体的にはiPhone 4s~iPhone 5s時代のデザインが復活といったところ。

うーん、慣れの問題でしょうか、こう見るとカーブディスプレイよりフラットなディスプレイのほうが新鮮かる洗練されて見えます。

正直、iPhone 6以降はデザインが「カッコいい」という評価はほとんど聞かなくなったiPhoneですが、今回のものは個人的にはかなりイケているように思います。

というか、iPhone 5の頃のiPhoneのデザインは前面のベゼルの広さを除けば現在でも十分通用するデザインではないでしょうか。

ただ、2019年版iPhoneについては今の所、薄型化はされるようですが現行のiPhone XSシリーズから大きなデザイン変更はないとも言われています。

よって、仮に今回のコンセプト画像のようなデザインのiPhoneがリリースされるとしても2020年以降、ということになりそうです。

コメント

  1. b より:

    Essential phoneを思い出す
    ベゼルが狭くて5Sに似たフラットな形状
    最近のフラットなUIともマッチしそう