次期Xperia XZ4のカメラは「過去に見たことのない画質」で開発者は内部賞、HDRではPixel超えに

ソニーモバイルの21:9ディスプレイを搭載した次期Xperia、Xperia XZ4。

国内でもドコモ、au、ソフトバンクの3キャリアから2019年夏モデルとしてリリースされることは間違いなさそうですが、このXZ4、外観から分かる特徴としてはなんと言っても背面のトリプルカメラでしょう。(一部ではカメラの一つはToFセンサーという説もあり)

今の所の情報ではこのXZ4に搭載カメラの一つは48MPの新型センサーになると言われています。

しかし、どうやらこのXZ4のカメラで期待できそうなのではカメラセンサーだけではないようです。

以下は韓国フォラム、CLIENに投稿されていた「日本ソース」とされる情報でこれによると新型Xperia搭載されるカメラは:

Snapdragon 855の高性能AIを活用した画像処理で、過去に見たことのないクオリティーになる。

ソニー内部では開発者チームに対して内部的に賞まで与えられた。

これは性能が大幅アップしたSDM855のAI演算能力と(ソニーと)クアルコムとの共同開発によるところが大きい。

OISなくてもEISでもブレの少ない写真や映像クオリティを実現。

内部テストにおけるHDR撮影では、Google(Pixel)を超えたという評価

今年のXperia XZ2~XZ3のカメラはXperia XZ~XZ1の頃と比べると幾分また良くなってきたという印象を受けます。

が、それでもやはりAndroid機種同士でもHuawei P20 ProやMate 20 Pro、そしてPixel 3などと比べると若干クオリティが劣るという印象は否めません。

この理由としてよく挙げられるのが画像処理、つまりソフト面で他社のカメラに劣っていると言われています。

一方、HDRでGoogle超え、という今回の情報が正しければXperia XZ4のカメラは新型センサーだけでなく画像処理というソフト面でかなり大きな性能向上があったと思われ、ちょっといままでのXperiaのカメラとは次元が違うという印象。

非常に楽しみですね。

コメント

  1. ウサギ より:

    クアルコムに注いだ分は同じチップを使う他の各社にも渡るので開発で消耗したSONYに比べ余力を投入できる分後半であっさり追い抜かれる模様。

  2. あすふぉ より:

    他社に、ソニーのイメージセンサーとスナドラ855採用してね、という宣伝用の機種か

    21:9ディスプレイ先行採用も、
    他社への見本って感じでしょうか。

    いい機種になりそうだけど、
    どこの市場でどれだけ売るつもりなのか
    全然先が見えないし

  3. 名無しさん より:

    ソニーモバイルがそうやって「カメラが凄い!」って宣伝する時は、大抵リリース後に大きな不具合が見つかる
    片ボケ、青ボケから自動コークボトルエフェクトまで色々と悪名高い前例があるから、リリースされてから三か月は様子見しないと

  4. 名無 より:

    その前に故障しない不具合もないXperiaを作って欲しい

  5.   より:

    故障しない不具合もない機械なんてこの世に存在しないけどな