honor View 20はソニーの48MPカメラ、IMX586搭載を初搭載、パンチホール型ディスプレイ

ファーウェイ傘下のブランド、honorの最新モデル、honor View 20の画像および一部スペックが判明した模様です。

GSMArenaが香港で行われた公式発表前の内覧会?の様子を伝えたもの。

ソニーの48MPカメラ、IMX586搭載。

来年のスマートフォンの「流行」となりそうなHIAA型(穴開き型)ディスプレイ↓

まだ公式公式発表前なのでケースで覆われていて全体像をみることはできません。

メインカメラは今どきのHuawei/honor機種としてはむしろ珍しくなったシングルカメラ仕様となっています。

48MPカメラ、IMX586での暗所撮影。

かなり詳細な画像ながらノイズがほとんどない感じ。

IMX586は1/2インチの巨大?センサーを搭載し、一部ではソニーモバイルの次期フラッグシップ、Xperia XZ4にも同センサーあるいはこの改良版?が搭載されるとか。

なお、このhonor 20 ViewはKirin 980搭載するとのこと。

今までhonorのViewシリーズが国内で発売された例はないので、今回も日本で同機種が正式リリースされる可能性は低いと思います。

それにしてもデュアル/トリプル一辺倒だったファーウェイがここにきてシングルカメラ、というのは面白いですね。
それだけこのIMX586の単独カメラとしての性能が優れているのでしょうか。

コメント

  1. xp より:

    これでXperiaにこれかこれ以上のカメラが付いていなかったら残念すぎる

  2. 田仲 より:

    何故か自社のセンサーなのにしょっちゅう使いこなせず他の会社に遅れをとるソニー。開発者一応同じグループ会社なんだからもっと協力しなよって感じですね。