フォーダブルXperia、Xperia Note Flexのコンセプト画像がなかなかの逸品

新型Xperia、と言えばここのところ急に情報が増えているXperia XZ4、XZ4 Compactが話題の中心。

その一方で、2019年といえば5G通信の他にフォーダブルスマホ元年になるとも言われています。

少なくともサムスンおよびファーウェイの2メーカーからフォーダブル(折りたたみ式)スマホがリリースされることが確実となっていますが、先日、ソニーモバイルもスマートフォン向けのフォールダブル+透過性ディスプレイを開発中であることが特許書類から判明。

そんな中、フォーダブルディスプレイを採用した大型ノートタイプのXperia、「Xperia Note Flex」の非公式コンセプト画像がYoutube上に掲載されていました。

40MP+22MP+12MPのトリプルカメラ搭載。

格納式フロントカメラは13MP。

閉じた状態でのディスプレイサイズは5.7インチ。

開いた状態での「裏面」。

”タブレットモード”では8インチの4K OLEDディスプレイで正方形に。

来年の主役チップ、Snapdragon 855 (5150)に8GB RAM、最大512GBとXperiaとしては夢のようなスペック。

最初に会った格納式フロントカメラは回転式でタブレットモードでも「フロントカメラ」として使用可能。

端末側面(いや、斜面?)も通知用のミニディスプレイに。

開閉する蝶番?部分。

Xperia ”Note”だけでに当然スタイラスペンも内蔵。

仮にソニーが来年なあたりに初のフォーダブルXperiaをリリースしたとしてもこのコンセプト画像の様になる可能性は限りなくゼロに近いともいます。

が、それでもなかなか夢のあるデザインではないでしょうか。

これくらい尖ったファブレット/タブレットをリリースしてくれたらそのコンセプトの面白さだけでも十分魅力的。

ソニーファンだけでなく多くのユーザーが飛びつくような気がします。

コメント

  1. 田仲 より:

    回転式フロントカメラ以外は理想的ですね。何処かのメーカーが出してくれませんかね。ソニーは多分出してくれないだろうなぁ。VAIO株式会社の方がまだ可能性高い。

  2. 名無しさん より:

    あくまで「妄想の産物」を「コンセプト」と美化するのはどうなのかね
    そもそも現代の技術ではフレキシブルディスプレイを紙みたいにピッタリ二つ折りには出来ない
    「折り曲げる」ならもっと大きなアールを確保しないとディスプレイが壊れる
    ま、技術力だの何だの現実的な要素を無視できるから妄想ってのは面白い物なんだが

    • 田奈 より:

      これなら回転式フロントカメラを無くせば最近発売されているZTE Mだっけ?あれの画面を繋げた折り曲げ式にすればほぼ似たようなものになるんじゃないかな。

    • www より:

      これのどこがぴったり二つ折りなんだ?
      内側に折り曲げてるが画面は端末の外周近くを通るとすれば、既存の技術で可能に見える
      あなたは想像力が足りないし最近の成果も知らないようだね