ソニー、2019 新型Xperiaのリリース戦略を「調整」、次期コンパクトXperiaやプレミアムモデルは”まだ先” との情報

先日CADベースのレンダリング画像がリークされたことで一気に具体性の増した次期Xperia、Xperia XZ4。

この新型XperiaがXZ3の”正当”な後継機となることは間違いなさそうですが、それと同時にこのXZフラッグシップシリーズの派生機種、コンパクトXperiaやプレミアムXperiaについても話題になっています。

これは中国のSNS、Weibo上でも同様でこれついて有名リーカー、Zackbucks氏が興味深いこコメントをしていました。

意訳すると:

ソニーモバイルは2019年の新型Xperiaのリリース戦略を調整。(CompactやPremiumモデルの)リリースはまだ先。

「変更」ではなく「調整」という言葉を使っているところが意味深ですが、少なくとも今年のように年の前半に無印、コンパクト、プレミアムのトリオを発表(リリース)というパターンは引き継がないことは確かな模様。

そうなるとやはりXperia Z4のみが年の前半に発表・リリース、そしてXperia XZ4 CompactやXZ4 PremiumもしくはXZ5 CompactやXZ5 Premiumが秋以降にリリースという可能性が濃厚ということになります。

また、リリースの”サイクル”も調整ということであれば、ひょっとすると2019年版の無印フラッグシップはXZ4だけで、今までのような年二回の無印フラッグシップ発売ではなく、年1機種というサイクルに変更という可能性も。

何れにせよ、この感じだとドコモ、au、ソフトバンクの2019夏モデルとしてリリースされるのはXZ4のみ、そして秋冬で一部キャリアからコンパクトおよびプレミアムXperia展開という感じになりそうですね。

ちなみに余談ですがネット上のXperiaユーザーの声を拾っているとフラッグシップXperiaのリリースは年の前半に無印Xperia、後半にコンパクトおよびプレミアムモデルを望む声が多いように思えます。

確かに買い替え時期などを検討する上でGalaxyシリーズのようにある程度リリースサイクルを固定するというのはユーザーのリテンション率を維持する上で結構重要なような気もします。