【悲報】次期Xperia ”XZ4”のリリース時期は来年中旬以降に、デザインはXZ3の進化版でアンビエントフロー継続

Xperia XZ3の後継機として注目される”Xperia XZ4”こと2019年最初のXperiaフラッグシップ。

例年通りならばこの次期Xperiaの発表は2月末のMWC 2019となりそうですが、今回、この新型モデルの発表および発売時期について信憑性の高いリーク情報がでてきました。

Xperia関連のリーク情報ではトップクラスの信憑性を誇るZackbuck氏ですが、同氏から次期Xperiaについての情報がでてきたのはかなり久しぶり。

内容としては、次期フラッグシップは来年の中ごろなので安心してXZ2もしくはXZ3を買ってください、といったニュアンス。

気になるのは「次期フラッグシップは来年の中ごろ」という意味ですが、これ、来年の中ごろに「発表」なのか「リリース」なのかでかなり意味が違っています。

これがもし前者ならば次期Xperiaは2月末のMWC2019では発表されず、発表時期は早くとも5月以降、ということに。

一方、この情報に対するコメントには「年の初旬に発表、中旬に発売というのは毎年では?」といった趣旨の指摘もあり、同氏はこれに対して「そういう意味ではない」といったニュアンスの返答をしています。

ということはつまり、同氏の言う「年中ごろ」は発売ではなく発表時期を指しているという可能性も高そうで、そうだとするとこの次期Xperiaのリリース時期は早くとも7月以降、普段のソニーのパターンからすると8月ごろが濃厚、といった感じに。

一方、この「中ごろ」が発売時期を指しているとすると、具体的な月としては5、6、7月あたり。
ただ、今年のMWCで発表されたXperia XZ2は海外では4月に発売されているので、いずれにしてもこの新型Xperiaのリリース時期は例年よりも遅くなるということがほぼ確実と言えそうです。

ひょっとするとXperia XZ2 Premiumのように4月中旬に単独発表、6月~7月に海外でリリースといった感じでしょうか。

となるとドコモ、au、ソフトバンクが2019年夏モデルとしてこの仮称”Xperia XZ4”をリリースするのは8月くらいまで遅れる可能性もありそうです。

また、今回の一連の投稿にはこの次期Xperiaの外観についての重要情報も入っており:

次期Xperiaが以前のようなデザインに戻ることはなく、現行デザインの進化版になる、といった意味合い。

つまり、アンビエントフローデザインは次期フラッグシップでも継続され、噂にあるようなXperia XZ1以前のモデルに近いデザインになるということはない、ということになります。

うーん、情報がZackbucks氏発だけに「噂」とは言えない内容。

2019年版Xperiaはフラッグシップでも指紋センサーが側面に戻る、という情報もありますが、もしアンビエントフロー継続だとすると、縁の非常に薄いこのデザインで側面指紋センサーは非常に難しいような気もします。

となるとXZ2シリーズやXZ3同様に指紋センサーの位置は背面でそのまま、ということになりそうですね。

コメント

  1. C より:

    これで二年縛りでXZ2の地雷踏み抜いてOKだな。

  2. 小松敬 より:

    中旬とは月の中のことをいうのに使用する言葉ではないでしょうか。
    年の中旬というのは、見たことがありませんが、いかがなものでしょうか。

  3. 田仲 より:

    ということは、5Gの一番乗りは失敗するのかな?
    それともマイナーチェンジ版の5G対応XZ3なんちゃらをはじめの方で出すのかな。

  4. 名無し より:

    無理に約半年周期で発売しなくていいと思ってるのでリリース時期についてはむしろ朗報だと思います
    ただそれならなおさらその時点での他メーカー機と最低限同等のスペックにしてほしい

  5. あすふぉ より:

    2016年のXperia X Performanceは
    ややイレギュラーな位置づけかもしれないが、
    MWC発表→6月発売でした