OnePlus、来年第1四半期にSD8150搭載+5G通信対応のスマホをリリース。富士通arrowsも?

来月12月に公式発表されるクアルコムの次世代チップ、SD8150(SDM855)。

Xperia XZ4やGalaxy S10シリーズなどに搭載されることはほぼ確実で、この最新チップの特徴はなんといっても次世代通信、5Gに対応しているという点。

この5G通信、来年はまだ実際にサービスが提供される地域はごく限られるとは思いますが、スマホというハード面で2019年が5G元年となることは確実。

そんな中、ePriceがこのSD8150搭載モデルについて興味深い記事を掲載していました。

先日、香港で行われた4G/5Gサミットからの情報で、まず、これによると5G対応のSD8150を搭載したスマートフォンはOnePlusが来年第1四半期にリリースする可能性が高いとのこと。

ただ、このモデルはOne Plus 7にはならず、別シリーズのモデルになるようです。

ちなみに上の画像はそのサミットの様子のものだと思われますが、SD8150を搭載しそうなOEMの名前が表示されており、その中には「富士通」の名前も。

もちろん5Gはスマホだけが対応するものではありませんが、ひょっとすると来年夏モデルあたりでSD8150を搭載したarrowsが登場、なんてこともあるのかもしれませんね。

コメント

  1. 名無し より:

    ここ3年位息をひそめていた不治痛伝説の爆熱スマホ復活だな!