Xperia XZ4? Xperia XZ3 Play?2019年の新型Xperiaは”ゲームとの統合”に重点との情報

2019年リリースのXperia XZ3の後継機、と言えば普通ならばXperia XZ4ですが、ここ最近はXZ3の派生機種存在の噂が浮上するなど、まだまだ新型フラッグシップXperiaについては謎だらけ。

そんな中、具体的なラインナップやスペックではありませんが、2019年版Xperiaの”重要ポイント”として興味深い情報がESATO上にリークされていました。

これによると、来年の次期Xperiaフラッグシップはゲーム、具体的に言うと”ゲームとの統合”に重点が置かれるとのこと。

はっきりとした意味は投稿者も分からないとのことですが、ソニーは10月にPlay Station 4の後継機となる新型ゲーム機を開発中であることを明らかにしており、普通に考えればこの仮称”Play Staion 5”は来年リリースされると思われます。

よって、これに合わせてXperiaシリーズが何らかの形で好調なゲーム事業の波に乗っかるという可能性は十分にあるような気はします。

これ、投稿者も言っているように、Asusの「ROG Phone」のようなゲーム特化スマホをリリースという可能性もあるとは思います。

となると、機種名としてはXperia XZ3 Play、といった感じでしょうか(←100%適当な推測)。

ただ、一口に「統合」と言ってもハード的なことを指すとは限りません。

例えば、ソニーは先日“PlayStation 4”および“PlayStation 3”タイトルをWindows PCなどといった対応デバイスからストリーミング経由で遊ぶことができる「Play Station Now」を発表しています。

ひょっとするとこれに合わせてプレステのゲームをポータブルにプレイできるような仕様の新型Xperiaという可能性も。(5G通信なら十分データストリーミング的にも可能?)

↑2012~2014年のわずか2年でサービス終了となったPlayStation Mobile

ただ、もしそうだとするとこれはおそらく単にこの新型Xperiaが最初に”対応”するというだけで、ゆくゆくは他のXperiaやソニー以外のAndroid機種でも利用可能になるはずです。

一方、もし本当にこういった機能だとすると既存のプレステ・ユーザーには結構アピールするような。。。

そう言えば、ソニーの次期ゲームコンソールはタブレット型になるという噂も。
となるとわざわざXperia Playのようなスマホ兼ゲーム機を今更出す意味は少なく、”ソフト的な統合”の可能性のほうが高い気もしますね。

ちなみに、2018年版のXperiaは当初「エンタメ重視」と言われていましたが、実際にリリースされたXZ2シリーズやXZ3を見る限り、これといって驚くようなエンターテーメント機能が搭載されていたという印象はありません。(強いて言えばかなりどうでもいいと言われたダイナミックバイブレーション、でしょうか)

よって、このゲーム重視の2019版の次期Xperiaについても蓋を開けてみたら、、、という可能性も。よって、あまり期待しすぎずに地味に楽しみに待つとしましょう。上

コメント

  1. ゲーマーA より:

    嬉しいですねぇ!有機ELのvitaの初期型でなんとか持たして来ましたが色々と不便になってきたところなので早くモバイル部門はゲーム部門に吸収されてほしいですね。

  2. PSXPERIA希望! より:

    XZ2,XZ3はエンタメ重視といいつつエンタメ関係の機能をどんどん無くして逆行していきましたからねぇ。背面を丸めたせいで机に置いてのリズムゲームやパズルゲームはやりづらくなりましたしイヤホンジャックもなくなってしまいました。リモートプレイも丸まったせいや画面の形のせいでマウントに取り付け辛くなりましたしゲーマーにとっては良いこと無しでした。