次期Xperia “XZ4″のスペックとデザインは12月に最終決定、現在は機種名すら「未定」との情報

Xperia XZ3の後継機として注目される新型Xperia。

この次期Xperiaについて、当サイトではXperia XZ4という仮名で呼んでいますが、一部ではXZ3の派生機種という情報もでてきています。

また、この”XZ4”についてはこれまでにも数々の信憑性不明のリーク・噂情報をお伝えしてきました。

が、今回、これらの今までの次期Xperiaについての外観およびスペックに関するリーク情報・噂を一蹴する興味深い新情報がでてきました。

Reddit上のユーザーがソニーの内部関係者とコネクションを持つという友人から聞いた情報として伝えたもの。

要点をまとめると:

・次期XperiaについてはSD8150を搭載、5G対応という事以外、何も確実な決定事項はない。

・このモデルは”Xperia XZ4”になる可能性が高いものの、内部ではまだ機種名すら正式決定していない

・まだ決めるべき事項がたくさんあり、「非常に広い」変更の余地もある

・今までのリーク情報はすべて、もしくはほとんどが推測にしか過ぎない(ただ結果的に正しい推測となる可能性はあり、間違いとは言えない)

・アンビエントフロー・デザインが継続されるか新デザインが採用されるかは「時間との戦い」

・この新型Xperiaのデザインおよびスペックが最終決定されるのは12月

・Xperia XZ3の機種名は発表直前まで決まっていなかった

要はソニー内部でもまだ決定されていない事項が大半なので、出回っている情報のほとんどは推測でしかない、ということ。

うーん、Xperia XZ4とされているこの次期Xperia、機種名すら決まっていないとは・・・

もちろん、他の情報同様に今回の情報が確かなものという証拠はどこにもありません。

ただ、リーク情報の性質上、話題作りのために「ないものをある」というのはよくあると思いますが、わざわざ「決まっていない」という面白くもない逆のニセ情報を流すモチベーションはわかりにくく、そういった意味ではある程度信頼できるような気もします。

確かにMWC 2018で発表されたXperia XZ2シリーズ(当時は機種名も不明)の3モデルがUnprof上で存在が「公式」確認されたのも12月。

よって、毎年前半にリリースの新型Xperiaについての具体的なスペック・デザインが内部で確定するのはこれと同時期なのかもしれませんね。

なお、個人的に気になるのはアンビエントフロー・デザインの継続の有無ですが、この文脈からすると同デザインが廃止となることはすでに決定しているようで、あとはタイミングの問題、といった感じ。

この部分については以前ESATO上で信頼性の高いユーザーがリークしていた情報と一致しており、少なくとも「推測」ではなかったようですね。

コメント

  1. 田仲 より:

    まぁ、機種名は決めてても直前でひょいと変えられる程度のものみたいだからどうでも良いですね。

  2. 今現在XPERIA使用中です。スマートフォン一台でほとんどすべての仕事をしているので楽しみです。数年前に購入しましたがきっかけはハイレゾ音楽が楽しめる事と4kビデオが入っていた事でした。