Galaxy S10は背面3カメラ、前面穴空きタイプの”Infinity O”スクリーン採用、初の公式画像か

サムスンの次期フラッグシップ、Galaxy S10

SD8150を搭載し、早ければ2月、遅くとも3月には発表すると思われるこの新型モデルですが、今回、このGalaxy S10の公式と思われる画像がリークされていました。

これはTwitter上のリーカー、Ice Universe氏が投稿していたものですが、現在はすでに削除済みとなっています。

ご覧のように写真を拡大するとスクリーンの左上部分に穴が空いており、この部分にフロントカメラが配置されています。

これは先日サムスンがDeveloper Conferenceで発表した新型ディスプレイ”Infinity”シリーズの一つ、”Inifinity O”の一つだと思われます。

また、Galaxy S10にこの”パンチホール”タイプのスクリーンが採用されることは超有名リーカーのEvan Blassからも確認されています。

さらに同氏によるとこのGalaxy S10は超音波式の画面埋め込みタイプの指紋認証センサー搭載で背面のメインカメラはトリプルレンズ仕様(標準・広角・望遠)になるとのこと。

ご存知のようにGalaxy S9シリーズではS9+こそデュアルカメラですが、無印S9はまだシングルカメラ仕様。

それが一気にトリプルカメラになる、というのはちょと驚きですね。

コメント

  1. i より:

    Infinity-oはやっぱ「ノッチ」じゃないよなあ