2019年版Xperiaのフラッグシップは3モデル展開、IMX700+IMX380センサー、21:9画面、SDM8150搭載との”噂”

Xperia XZ3の後継機種として注目されている2019年版のXperiaフラッグシップ。

もっとも期近にリリースされるモデルとしては順序通りの「Xperia XZ4」あるいはXZ3のアップグレード版という噂もあり、スペック面でも様々な情報が交錯している状態。

そんな中、フラッグシップを含む2019年版Xperiaのラインナップおよびそれらの一部スペックについて興味深い情報がESATO上に掲載されていました。

Sony’s new smartphones info…

3 flagship smartphone with 5G and snapdragon 8150, new camera sensor IMX700+IMX380, NO under screen fingerprint… 21:9 Screen, QHD OLED, 4K OLED

2 Mid-Range Smartphone wiht Snapdragon 630…. No Snap660, 21:9 LCD Screen

New Low-Range Smartphone With Helio P22

この投稿者、過去のリーク情報のトラックレコードからしてもかなり信憑性の低い情報、極稀に当たっていることもある程度、つまり噂レベルであることは予めご了承ください。

要点をまとめると:

・2019年版Xperiaのフラグシップは3モデル

・いずれもSD8150 (通称SDM855)搭載で5G通信対応

・IMX700+IMX380のデュアルカメラ

・21:9、QHDおよび4K OLED

・スクリーン埋込み式指紋センサーは「なし」

・モッドレンジ2モデルはSDM630、21:9 LCD

・ローエンドモデル1モデルはHelio P22

今までのリーク情報と照らし合わせると整合性のある部分、矛盾点のある部分の両方があります。

また、あくまで「新型Xperia」の情報とのことなのでどのモデルがどの時期にリリースされるかは不明。

ただ、これまでの次期プレミアムモデルは来年の秋以降リリース、コンパクトモデルはミッドレンジになるという情報と合わせて考えると、これらフラッグシップ3モデルというのは今年前半にリリースされるであろうXperia XZ4、後半にリリースされるであろうXperia XZ5およびXZ5 Premiumということになりそう。

まあ、細かいスペックは別にしてXperiaフラッグシップは毎年3~4モデル。よって、ガセネタだったとしても3モデル、という点については当たる可能性も高そうです。

コメント

  1. C より:

    ミドルでもエントリーでも日系メーカーは古いSoC使おうとするのほんと迷惑だし頭悪い

    • 名無し より:

      悪魔のSD810を海外勢は当然のように避けてた一方、進んでハイエンドモデルに搭載し爆熱騒ぎを起こした国産メーカー様ですからwww