Xperia XZ4の謎スケッチ、指紋センサーは側面でも背面でもなく”斜め後ろ”に搭載でアンビエントフローデザイン継続か

Xperia XZ3の後継機として注目されるSD8150搭載の次期Xperia

パターン通りならばXperia XZ4となるはずのこの新型Xperiaですが、一部ではことなるシリーズになるといった情報もあり、まだ”確か”な情報はほぼ皆無。

そんな中、この通称Xperia XZ4のプロトタイプのものとされる謎のスケッチが発見されました。

このスケッチはReddit投稿者が実際に見た次期Xperiaのプロトタイプを基に作成したものとのことで、クオリティーは低め。(私が言えた義理じゃありませんが)

また、いつもの如く信憑性については全く保証できませんのであしからず。

ただ、画像と一緒に投稿されていた説明からすると、この新型Xperiaでは指紋センサーの位置は裏面でもなく側面でもなく、裏面と側面の角部分にカーブを描くように配置されている、とのこと。

これ、ちょっと想像しにくいので、XZ3を例にしてみると、こんな感じの位置ではないでしょうか↓

となると、センサー自体がかなり端末角に沿ってカーブしているということになりますが、私が知っている限り、フラットではない指紋認証センサーを搭載したスマホはないはず。

というか、カーブしている分、指との接触面積が少なくなるはずですが、精度などはどうなんでしょうかね。

ちなみに投稿者によると、この指紋センサーの位置により、端末縁の厚みはXZ3と同じくらいでアンビエントフローデザインは維持される、とのことです。

たしかに指紋センサーを側面に搭載すると最低でもセンサー部分だけで6~7ミリの幅が必要になり、端末側面にかけて弧を描きながら薄くなるアンビエントフローデザインを維持するのは難しいと思われます。

ただ、今回の情報が仮に事実であったとしてもこれは”プロトタイプの一つ”とのことなので、実用化されるかはわかりません。

なおこれ、デザイン的にどうよ?とも思うのですが、感覚的にはXZ3の裏面下部にあるUSBポート強化のための裏面ノッチ、と似た感じでしょうか。

だとすれば意外と視覚的には邪魔にならないのかもしれませんね。

ソース