iOS 12.1でiPhone Xや8/8 Plusもバッテリー劣化組に、電源落ちを防ぐスロットル機能が”新搭載”

昨晩リリースされた最新iOSバージョン、iOS 12.1

WiFiが遅い、詰まるといった問題が解消されたり、他のバグが修正されたりと評判は悪くないようですね。

さて、そんなiOS 12.1ですが、一部のiPhoneユーザーには嬉しいような嬉しくないような新機能が追加されていることが判明しました。

iPhone XiPhone 8、iPhone 8 Plusにデバイスが突然システム終了しないようにするパフォーマンス管理機能を追加、という内容。

これ、デジャブ?と感じた方もいるのではないでしょうか。

そう、この機能は昨年のiOS11.3以降iPhone 6/6s/7/SEに導入されていた機能で、要はバッテリーが劣化してフルパワーでCPUを動作させるための電圧が供給できない恐れがある場合に意図的にCPUのスロットルを下げて(低速化して)電源落ち、システムの強制終了を防ぐ、という機能。

同機能は昨年の時点ではアップルはiPhone XやiPhone 8/8 Plusには必要ないとして非搭載でしたが、今回のiOS 12.1で”新搭載”となりました。

つまりこれはアップルがこれらiPhone X、8、8 Plusでもそれ以前の旧モデル同様に電池劣化によるシステム終了トラブルが発生する恐れがある、ということを間接的に認めている、とも言えると思います。

また、この感じだと今後もアップルは発売から1年程度経った機種にはこの「電池劣化による強制終了を防ぐためのCPUスロットル機能」を提供し続ける、ということでしょうか。

となると、バッテリー劣化を防ぐなんらかの画期的な技術でも実用化されない限り、最新のiPhone Xs、Xs Plus、XRも同じ運命を辿ることになりそうですね。

コメント

  1. Zero より:

    なんで電源落ちるんだよww
    その時点であり得ねぇ