次期Xperia XZ4の画面はやはり”縦長”に、型番I9143のベンチマークが発見

Xperia XZ2シリーズ、そして最新のXperia XZ3と今年初めて従来の16:9→18:9へディスプレイのアスペクト比率を変更したソニーモバイル。

しかし、どうやら早くも来年の次期Xperiaフラッグシップ、Xperia XZ4では画面の縦横比率がXZ3以上に縦長になるようです。

これはXperiaBlogのコメント欄に貼られていたHTML5TESTというブラウザ・ベンチマークサイトからのスクリーンショット。

どこにもSONYともXperiaとも書かれてはいませんが、I8146という型番のフォーマットは本物であれば2019年版の新型Xperiaフラッグシップのものである可能性が極めて高いです。

興味深いのスクリーン解像度の情報。

HTML5TEST上の画面解像度数値自体はおそらくブラウザ依存っぽいのでこれは参考にはなりませんが、縦横の比率については基本的に常に正確です。

そして346×788 pxは9:20.5なので、XZ3などの18:9よりもかなり縦長のディスプレイということになります。

Xperia XZ4であろうと思われる次期Xperiaについては他にもベンチマークが発見されていますが、いずれもスクリーンショットだけのもので、今回のものと同様、本物かどうかを確認するすべがありません。

以前、Weibo上のリーカー、Zackbucks氏が2019年版Xperiaのスクリーン比率が21:9になる、という情報をリークしており、また、ほぼ公式とみて間違いないレンダリング画像がリークされているXperia XA3/XA3 Ultraの画面比率も測ってみると18:9よりも遥かに縦長となっています。

よって、2019年版Xperia全体として画面アスペクト比が20:9~21:9になるという可能性は十分にあると思われます。

コメント

  1. 名無し より:

    I8146でなくてI9146になってませんか?

  2. 名無し より:

    XL3くらいならいいけどXA3なんかを見るとちょっと長すぎて違和感覚えるな…

  3. アノニマス より:

    アメリカではSIMフリーとして細々と販売してるし、中国や欧州では販売終了するなんて話もあるし、もう出さないでしょ?