次期Xperia ”XZ4”に搭載のSDM8150のベンチマーク比較、Mate 20 ProのKirin 980と性能はほぼ互角

Xperia XZ3の後継機として注目される2019年版のフラッグシップ新型Xperia

機種名についてはまだ一部でXperia XZ4では”ない”という噂もはっきりとしませんが、少なくとも搭載チップについてはSnapdragon 8150 (Snapdragon 855)で確定している模様。

そして今回、このSD8150 (msmnile)とファーウェイの最新チップ、Kirin 980を搭載したHuawei P20 Proベンチマーク比較が掲載されていました。

ご覧のように、シングルコアではSD8150の方が7~8%スコアが上ですが、マルチコアでのスコアは誤差の範囲といった感じ。

ちなみに前チップ、SDM845とKirin 970では大体少なくとも2割程度SDM845の方がスコアが上でした。

SDM8150はKirin 980よりも半周近く後にでるチップなので、それでスコアがほぼ互角というのはちょっと意外かも。

まあ、それだけKirin 980が頑張っている、とも言えますが、Kirin 980、というか、このMate 20 Proのスコア内訳ではちょっと気になる点も。

ご覧のようにメモリ処理の遅延がKirin 980の方が大幅に遅くなっているのが分かります。

ご存知のように、ベンチマークテストはCPUだけの性能を比較するものではありません。

そしてこれはRAMもしくはストレージの処理能力なので、CPU性能とは直接は無関係である可能性も高いです。

ただ、これ、逆に言えばKirin 980はここでスコアを大きく落としており、他の部分ではSD8150に勝っている部分も多い、ということに。

つまり、チップ自体の実力としてはSD8155よりもKirin 980の方が上、という可能性もあるということになります。

ただ、このSD8150のベンチマークは初期テスト段階のものっぽいので、実際に製品化された”Xperia XZ4“やGalaxy S10シリーズなどと比較してどうなるのかは不明。

もう少ししてこのSD8150搭載のなんらかの「実機」がでてくるのを待つとしましょう。

コメント

  1. 秋刀魚 より:

    画面がシャープなのかサムスンなのかはたまたLGのママなのかによるけどサムスンディスプレイに855ならXperiaじゃなくても良いと思えてきちゃうね
    ただシャープディスプレイもどうなのかって感じだが