Xperia初、JDIのFull Activeディスプレイ採用モデルか、謎のアンバランス仕様の新型Xperiaがリーク

最新Xperiaと言えばXperia XZ3、次期Xperiaと言えばSD8150搭載が確実なXperia XZ4やすでにレンダリング画像がリークされているXperia XA3やXA3 Ultraが話題の中心ですが、これ以外にちょっと不思議な新型Xperiaのものと思われるスペックがリークされていました。

SDM429 Processor
5.4” HD+ 1520×720 WRGB
JDI Full Active Display
6GB LPDDR3
64GB eMMC5.1
3690mAh Battery
IMX412 12MP 25mm/f1.6 Rear Camera
IMX408 2MP 35mm Ambient Light Sensor
/ Front Camera
3.5mm Audio Jack

これは先日Weibo上で、将来的にXperia XZ4 PremiumあるいはXZ5 Premiumに搭載される”かも”しれない4K+ OLEDをシャープが開発中、という情報をリークしたのと同一人物からのもの。

Xperia機種のスペック、とは明言されていませんが、これに対するコメント内容の文脈からすると未発表Xperiaの仕様である可能性が高そう。

まず、単純にプロセッサーがSDM429、ディスプレイ解像度がHD+という時点で、これまでのXperiaラインナップに入れるとするとローエンド、つまりXperia L3かそれと同等のラインのXperiaである可能性が高そう

ただ、ディスプレイがJDIのFull Activeディスプレイという点はかなり意外。

ということはかなりベゼルレスを意識した機種になるはずで、さらにXperiaとしては初めてジャパンディスプレイ製のいわば”半自社製ディスプレイ”を搭載ということになります。

また、最新ハイエンドのXperia XZ3ですら一部の地域を除き4GB RAMが標準なのに、このモデルは6GB RAMを搭載となっており、ローエンドモデルとしてはかなりアンバランスなスペックとなっています。

うーん、これがXperia XA3はすでに最低でも5.9インチ前後のディスプレイを搭載、L3は5.7インチとのことなので、やはり何らかの新シリーズXperia、でしょうか。