Xperia向けのAndroid 9.0アプデがメモリ異常消費などの不具合で延期、Xperia XZ1などでリリース予定日に提供されず

Googleの最新OS、Android PieことAndroid 9.0。

ソニーモバイルのXperia XZ3にはデフォルト搭載され、前モデルのXZ2やXZ2 Compactにも比較的早くアップデートが提供されており、今の所他のOEMよりも速いペースでバージョンアップが進んでいる、という印象です。

しかし、このXperia向けのAndroid 9.0アップデートが一部で中止・あるいは遅延している可能性がでてきました。

というのも日本時間の昨日、10月26日に予定されていたXperia XZ1、XZ1 Compact、XZ Premium向けのAndroid Pアップデートがまだ配信されていないことが判明。

ソニーの”標準時間”はどうやらGST標準時間っぽいので、厳密にはまだ10月26日は終了していませんが、通常、Xperiaの新ファームウェアは日本時間の日中~夕方にはサーバーにアップされ、XperiFirmなどで確認ができます。

よって、現時点でAndroid 9.0に該当するXperia XZ1、XZ1 Compact、XZ Premium向けのファームウェアがまだ一つもアップされていない、ということは予告された10月26日のアプデ提供はない、という可能性が極めて高いと言えます。

また、10/26は金曜なので土日にアップデートが提供されるということはまずありえません。

よって、これらの機種のAndroid Pアップデートは早くても来週まで持ち越し、ということになります。

元々、XZ2を含む大半のXperia機種のアップデート提供予定は11月から、ということでしたが今月中旬にXZ2/XZ2 Compact向けに予定より早くAndroid Pを提供。
そして、2週間ほど前にソニーが公式ブログ上でアップデート予定を更新し、XZ1/XZ1 Compact、XZ Premiumに関しては10/26という具体的な日にちまで予告していました。

つまり、考え方によっても”アップデート予定のアプデ”前のスケジュールに戻っただけとも言えますが、不安なのはその理由。

というのも、すでにAndroid 9.0アプデが提供されているXperia XZ2やXZ2 CompactではバッテリードレインやWiFiあるいはネットマーク周りの不具合、指紋認証が異常に遅い、といった複数の不具合が報告されています。

また、これが理由かは不明ですが、ここ数日間、XZ2/XZ2 Compact向けのAndroid Pアップデートの提供が極端に停滞している、あるいは一部では一旦サーバー上にアップされたものが取り消されている、といった報告も上がっています。

よって、この第2弾のXZ1/XZC/XZP向けのバージョンアップもこれらの理由で提供を一時的に見送っているという可能性もありそうですね。

追記:
XDA上に投稿されていたソニーの内部関係者から得た情報によると、アップデート自体にマイナーなバグが発見されたため、提供が延期になったという確認情報を得たとのこと。

ただ、すでにその不具合は修正済みで、来週の月曜か火曜にはアップデートが提供されるようです。

追記2:

より具体的な情報として、XZ1/XZ1 Compact、XZ PremiumのAndroid Pieアップデートが遅れた理由のより具体的な情報として、カメラ周りのエラー、指紋センサーの動作遅延、メモリの異常消費などといった不具合が原因とのことです。

コメント

  1. 名無しさん より:

    ソニーはハードウェアはギリギリ及第点の物を作れるが、ソフトウェアは壊滅的にゴミっていう伝統に則ってるね
    屁屎蔓はアップデートの度に大小色々な不具合を出すんだから、アップデート自体しなければいいのに

  2. ソニータヒね より:

    So02kはゴミ。不具合を認めないソニーは糞。ドコモショップの対応もゴミ
    スマホ買う時は事前にしっかり確認しないと駄目

    一生ソニー製品は買わない

  3. ソニーオタク より:

    上記の追記に、月曜日もしくは火曜日にはアップデートが提供されるようです。
    と、書いてありますが、その気配が全然見えて来ないのですが、真偽はどうなんでしょうか?

  4. 最悪だ より:

    今日届いたso-02kのSIMスロットルの蓋が接着されておらず、ぽろっと取れた。ソニーの製品としてはあまりにもお粗末!
    しかもキャリアのドコモは、初期不良交換ではなく、故障対応だと詐偽のような対応を迫ってくる。悪質詐欺コンビだな。