Pixel 3シリーズで深刻なメモリ不足問題、バックグラウンド・アプリが強制終了するトラブルが大量発生中

Googleの最新Pixelシリーズ、Pixel 3およびPixel 3 XL

国内でもドコモ、ソフトバンク、そしてSIMフリー版として11/1にリリースされることが確定していますが、このPixel 3シリーズでかなり広範囲なメモリ管理関係のトラブル・不具合が発生しているようです。

具体的にはバックグラウンドで起動しているアプリがすぐに終了してしまう、という問題で、例えば2~3個のアプリを立ち上げているだけでバックグランドで再生中の音楽アプリ(ここではSpotify)が強制終了してしまう、というもの。

ご存知のように、Androidでは(iOSも同じですが)、バックグランドアプリで動作しているアプリはキャッシュメモリに保存され、再度開いた時にすぐに表示されます。

ただ、他のアプリの動作などによりメモリが不足するとシステムがバックグランドアプリを自動的に強制終了させて他のプロセスのためにメモリを開放します。

これ自体は正常な動作なのですが、問題はこのPixel 3シリーズではそのアプリの強制終了があまりにも低負荷・少数アプリしか開いてない状態でも発生する、という点。

メモリになお、以下の動画はPixel 3 XL(左)とOneplus 6(右)の動作を比較したもの。

ご覧のようにPixel 3 XLではChrome、Twitter、Google+と3つのアプリを同時に立ち上げているだけでバックグラウンド・アプリが終了し、再び開く時に再ロードが必要になるという状況が発生しています。

一方、OnePlus 6の方ではバックグランドアプリはそのまますぐに表示されています。

同様の報告はおそらくスマートフォンの海外Youtubeレビューワーとしては人気1、2を争う以下の動画でも問題視されており、かなり一般的に起こりうる現象であることが伺えます。

高負荷のかかるゲームアプリとかならこういった現象は起こりますが、低~中負荷の一般的なアプリ3個でバックグラウンドアプリが停止してしまう、というのは明らかに異常。

同問題を報じているAndroid Policeではこれは4GB RAMというハイエンドにしては少なめのRAMが一因では?という指摘もありますが、こういった問題は最近では3GB~4GB RAM搭載のミッドレンジ機種でも見かけないように思います。

となると可能性としてはメモリリークなどにより何らかの慢性的なメモリ不足状態が発生している可能性が高いと考えられます。

メモリリークは一昔前のAndroidスマホではよく見かける不具合でしたが、最近ではかなり稀。そんな問題がGoogle純正スマホで発生する、というのはちょっと不安ですね。

ソース

コメント

  1. より:

    この記事は本当ですか?
    キャンセルも検討しなければなりません。

    • 痔スキン より:

      海外のforumやyoutubeで話題になってますよ。
      あとPixel 3のsnapdragon845はアンダークロックされてるって話題もでてます。
      しばらく様子を見たほうがいいかもですね、、

  2. 濡れタオル より:

    日本でも、期間限定の展示会やキャリアショップでホットモックが触れる環境となりましたが
    そちらでも同様の問題は確認されているのでしょうか?

  3. あした より:

    これってAdaptiveBatteryが原因じゃないのかなぁ?
    アプリ制御システムがバグってると思う

  4. 名無し より:

    店内に展示されているソフトバンクキャリアのPixel3で同じように多重起動をしてみた所
    アプリを5個以上立ち上げても再起動のような動作は見せませんでした