【噂】次期Xperiaのコンパクトモデルは21:9の5.5~5.7インチ画面、XZ4はオムニデザイン”風”に

Xperia XZ3の後継機となる2019年リリースの新型Xperia。

今の所の情報ではSDM855 (SDM8150)搭載のXperia XZ4、あるいはそれ相当のフラッグシップモデルが発表されることは過去のパターンからして確実だとは思われますが、どうやらMWC 2019ではこれ以外にも新型コンパクトXperiaが発表される可能性があるようです。

投稿されている情報をまとめると:

・MWC 2019では新型Xperiaのコンパクトモデルが発表

・このモデルには新インタラクティブ・デザインが採用され、ディスプレイのアスペクト比は21:9

・画面サイズは5.5~5.7インチ

・別の新型フラッグシップXperiaのベゼルは非常に細くなる

・デュアルフロントカメラ搭載

・5G通信対応

・6GB/8GB RAM

・128GBストレージ

・非アンビエントフロー・デザイン採用

・オムニバランスに近いデザインに

この投稿者からの情報は不正確なことも非常に多いのでかなり信憑性の低い「噂」として受け取っておいたほうが良いとは思います。

が、あえて正確な情報として扱うと、まず、MWC 2019ではコンパクトXperiaとフラッグシップXperia(XZ4?)の最低2モデルが発表、ということに。

コンパクトXperiaについては以前より非フラッグシップのモデルが投入されるという情報が以前よりあり、一部では限定的な取扱になるという情報も。

ただ、ハイエンドXperia CompactはXZ2 Compactが最後で、今後はミッドレンジになるとも言われているので、同機種がXperia XZ4の兄弟モデル、Xperia XZ4 Compactになる可能性は低いと思われます。

なお、21:9ディスプレイについてもどの機種かは不明ですが、Weibo上のリーカー、Zackbucks氏が2019年版Xperiaで採用されると数週間前にリークしています。

また、すでにリークされている2019年版ミッドレンジXperia、Xperia XA3シリーズでは指紋認証センサーが端末側面に戻されることが確認されており、一部ではこれはフラッグシップXperiaも同様、という情報も。

一方、アンビエントフローはエッジがかなり薄いという特徴があり、このデザインを維持しつつ側面に指紋センサーを搭載するのは難しいとも思われます。

そういった意味で、指紋センサーが端末サイドに戻るのであれば、来年以降のXperiaが過去のオムニバランスに近いデザインに戻る、というのはありえない話ではないように思えます。