Xperia XZ4はサムスン製ディスプレイ採用、独自AI ISP搭載、5G対応モデルはドコモが最初にリリースとの情報

新型Xperiaと言えば国内でもドコモ(SO-01L)、au(SOV39)、ソフトバンク(801SO)から秋冬・冬春モデルリリースされるXperia XZ3が話題の中心ですが、今回のXZ3をパスするユーザーの中にはすでに来年の次期Xperia、Xperia XZ4の存在が気になっている方も多いようですね。

この新型XperiaにSnapdragon 855(Snapdragon 8150)が搭載されることはほぼ確実ですが、これに伴いXperia初の5G通信対応機種になることも期待されています。

そんな中、この次期Xperia、XZ4について非常に興味深いスペック情報がでてきました。

Xperia XZ4の5G対応モデルは日本ではドコモから最初にリリースされる

・auはまだ未定

・ソフトバンクは2019年後半を予定

・Xperia XZ4に搭載されるOLEDディスプレイの供給元はLGからサムスンに変更される(XZ3はLG製パネル使用)

・Snapdragon画像処理プロセッサ(ISP)ではなく独自のAI ISPを搭載

・光学手ブレ補正(OIS)はXZ4でも非搭載、ただし電子式手ぶれ補正(EIS)の性能が大幅に向上。ソニーのテストではOISと比較して遜色のないレベルに

・2019年の初期モデル(つまりXZ4)はWQHDディスプレイ、後半にリリースされるプレミアムモデル(XZ4 Premium?)は4K解像度に

ソースが示されていないので信憑性は未知数、さらに投稿者自身も”噂”としているので鵜呑みにはしない方が良いとは思います。

ただ、デマにしては情報が細かく具体的すぎるのが気になるところ。

また、はっきりと時期が明記されているわけではありませんが、気になるのは”Xperia XZ4の5Gモデル”という表現。

この書き方だとXperia XZ4には5Gに非対応のモデルも存在する、とも受け取れます。

そう言えばサムスンが来年リリースするGalaxy S10には5G対応モデルと非対応のデフォルトモデルが存在することがほぼ確実となっています。

このことから考えるとXperia XZ4にも同じように5G通信対応・非対応モデルの両方があってもおかしくはない気がします。

ちなみにXperiaの次期プレミアムモデルについては過去にもリリースが早くとも来年の9月以降になることがリークされています。よってこの部分については過去の情報と整合性があります。