Pixel 3/3 XLの致命的な欠点?通知LEDライトが非搭載であることが判明

Googleが発表したPixel 3およびPixel 3 XL

Pixelとしては初めて国内でもリリースされ、しかもSIMフリーとキャリアの両方から展開ということで発売を楽しみにしている方も多いようですね。

ただ、その一方でこのPixel 3シリーズはスペック面で4GB RAMでストレージもmicroSD非対応にもかかわらず64GB/128GB。
その上、価格が10万円以上ということで、ネット上のユーザーからの前評判としては”不評”と言わざる得ません。

そして今回、このPixel 3/3 XLへの失望感に拍車をかけるような事実として、同シリーズでは全シリースまで搭載されていた非常に重要な機能が削られていることが判明しました。

Googleがユーザーからの質問に答える形で明らかにしたもので、Pixel 3/3 XLには通知LED(通知ランプ)が搭載されていない、とのこと。

通知ランプは前モデルのPixel 2や初代Pixelでは搭載されていたので、なぜ今回でこれを廃止したのかは全くの不明です。

もちろん、iPhoneなどは昔から通知ランプを搭載していないので、ある程度は慣れの問題なのかもしれません。

また、Androidでも過去に通知LEDが非搭載の機種があったのは事実。

ただ、最近のメジャーな通知ランプ非搭載の機種はほとんど見かけなくなってきており、通知ランプの便利さに慣れている大半の既存Androidユーザーにとってはこれがなくなるのはかなり不便だと思われます。

うーん、これ、細かい機能ではありますが、ユーザーによっては購入を躊躇してしまう十分な理由になる機能欠如ではないかと思います。

それでもPixelにはNexus同様にGoogle純正という魅力、とくにソフトウェアの作り込みに関しては他のOEMにはないものがあります。

ただ、このスペックだと価格はやはり8万円~9万円台というのが妥当だと思うのですが。。。

コメント

  1. もののけ より:

    他のメーカーも早く廃止しないと周回遅れになるよ!