ドコモの冬春新作モデル、Galaxy A8 SC-02Lがデータベースサイトに登場

ドコモの新作、2018-2019年冬春モデルでハイエンドと言えばXperia XZ3 SO-01LやGalaxy Note 9 SC-01Lなどのリリースがすでに確実となっていますが、今回、サムスンのもう一つのGalaxy、ミッドレンジ・スペックのGalaxy A8 SC-02Lがデータベース上に掲載されていました。

Galaxy A8は今年前半に海外でリリースされたビッドレンジモデルで、CPUはExynos 7885、メモリは4GB RAMとなっています。

また、ディスプレイは5.6インチ、FHD+、Super AMOLEDで、背面のメインカメラはシングルカメラですが、前面カメラはデュアル仕様。

ただ、この情報を掲載しているPHONEDBは認証機関ではなく、あくまで非公式なデータベースサイトで細かい情報は間違っている場合もあります。

また、夏モデルではGalaxy A3をベースとしモデルがドコモからは”Galaxy Feel”としてリリースされているので、ひょっとするとこのA8もGalaxy Feelの後継機、あるいは全くの別名機種としてリリースされる可能性も十分にあると思われます。

ソース

コメント

  1. XperiaからP10からS7edge より:

    GalaxyS7edgeを使用中ですが、OSに要らない機能だらけカスタムされてるし、アンインストールも出来ないし、これは酷い。因みにAndroid8.0です。Samsungのカスタムはダメて聞いていたけど、なるほどですね。

    • より:

      余計な機能が要らないならGalaxyやめてEssential Phone買えばいいだけの話では?もしくはカスタムROMに入れ替えるか。

  2. 新玄人 より:

    Feelの後継機です