アラーム(時計)マークが消えなくなる不具合、モンストのアップデートが原因

人気ゲームアプリ、モンスト(モンスターストライク)で先日提供されたAndroid向けのアップデート後にステータスバー上にアラームのアイコン(時計マーク)が出現し、消せないくなるという不具合が大量発生しているようです。

過去にはアップデート後にモンストの「素材予約」や「スケジュール予約」がステータスバー上に反映されるようになり、これが原因でアラームが表示されるようになった、というケースがありました。

しかし、今回は予約・スケジュールがあるわけでもないのにアイコンが点灯し、また、通知などをオフにしても時計マークがでたまま、という症状なのでおそらく何らかのバグ。

報告としてはXperiaやHuawei機種のユーザーからのものが多いという感じですが、これは単にユーザー数の問題で機種やOSバージョンは無関係の模様。

一方、設定していないはずのアラームのアイコンが表示される、というのは過去にも何度か報告があり、他のアプリが原因である場合もあるとは思います。

ただ、最新バージョンのモンストをインストールしていて画面上あるいはバックグラウンドで開いている状態だと100%表示されるようです。

また、アラーム自体の設定を確認すると18:55や6:51、などと言った時間帯にアラームが設定されており、これはアプリが自動アップデートされた時間に関係しているのではないかと思われます。

色々と調べてはみましたが、今の所このアイコンを消す改善方法というのはないようで、アプリを強制終了する、あるいはアンインストールするという対処法しかない模様。

ただ、かなり広範囲で発生している問題なので、おそらく次回以降のアップデートで改善されるとは思います。

コメント

  1. たー より:

    時計アイコンを消す方法は、モンストやってる人はヤババゲームとかいうやつの開始前通知をオフにすれば消えるよ

  2. アキラ より:

    モンスト強制終了させても消えない
    アンインストールすると消えた
    モンスト原因特定