2019年版のXperia、側面指紋センサー復活も電源ボタンとは独立搭載の模様

先程、”ほぼ”公式なレンダリング画像がリークされた2019年版の次期Xperia、Xperia XA3。

過去の例からするとこのミッドレンジXperiaが日本で正式発売される可能性は低そうですが、このXperia XA3には2019年版のXperiaの方向性を予想する上で間接的に重要なヒントがいくつか含まれています。

その一つがレンダリング画像からわかる側面指紋認証センサーの搭載(復活)。

ただ、このサイドフレーム上の指紋センサーはXperia XZ1までのものとは機能面で大きな違いがあるようです。

というのも、レンダリング画像をみるとこのXperia XA3の正面から向かって右側面は電源ボタン、指紋認証センサー、音量ボタンという配置。

また、Xperiaのトレードマークとも言える端末右下側面(横持ちでは右上側面)のシャッターボタンもありません。

一方、左側面にはSIMカード/SDカードスロットルしかありません。

つまり、このXperia XA3では指紋認証センサーは側面に搭載しているものの、電源ボタンとは独立している、ということに。

また、画像だけでは推測の域をでませんが、これについてはWeibo上の有名リーカーも指紋センサーと電源ボタンが「別々になる」との情報を投稿しています。

覚えている方も多いと思いますが、米国版XperiaではXZ1まで指紋認証機能自体が無効化されて販売されていました。

これは一説ではアップルが米国で取得している特許が背景にあるといわれており、これにより電源ボタン+指紋センサー兼用の機能が搭載できない、という理由。

そしてXperia XZ2やXperia XA2以降に指紋センサーが端末背面に移動したのは米国でもこの指紋センサー搭載Xperiaを展開できるようにするため、そして側面ベゼルを細くするため、という説が有力です。

しかし、今回のXA3を見る限り、やはり指紋センサーは側面が良い、という心変わりがあった模様。

ただ、電源ボタン+指紋センサー兼用はできない、それでも米国市場でだけ指紋センサー非搭載、とはいかないので電源ボタンとは別々に搭載、という決断をしたのではないでしょうか。

ちなみに側面指紋センサーは今年Motoシリーズなどで一部採用されており、ソニーが辞めた途端にその利便性が見直されているという感じもします。

国内でもXperiaの側面指紋センサー廃止の際は批判的な声も少なからずあったので、次期フラッグシップXperia XZ4でも同様の仕様になる可能性は非常に高いと思われます。

コメント

  1. やつてとも より:

    Xperiaの開発陣、インタビューで
    「単眼でも十分な画質を担保できます。」
    とか言ってたくせに…。

    結局デュアルカメラ搭載。

    必要だと思うなら、
    最初からそう言えばいいのに。

    • aaa より:

      誰も単眼で十分だから、デュアルカメラは不要だとは言っていないだろ。日本語、ちゃんと理解出来てる?

      • やつてとも より:

        デュアルカメラは一部のユーザー以外には必要ない、といった発言もありましたよ。
        だから、ハイエンドの一部(Premium)に搭載したと。

      • やつてとも より:

        >日本語、ちゃんと理解出来てる?

        あなたこそ。
        「十分」というなら、それ以上は必要ない、とほぼ同義では?
        “他社とも戦える画質”という言葉であれば、話は違ってきますけど。