iOS 12アプデ後のiPhoneでWiFiに繋がらない・切れる、遅い不具合、原因はウイルスバスターの可能性大

先月リリースされた最新iOS、iOS 12

基本的には動作が軽くなるなど評判は悪くないバージョンアップデートのようですが、このiOS 12にアップデートした一部のiPhoneユーザーからはWiFi周りの不具合の報告も。

具体的にはiOS12アプデ後にWiFiに接続できない、接続できても通信が途切れる、通信速度が極端に遅い、パケ詰まりのような症状などが報告されています。

ただ、このWiFi周りのトラブル、全く発生していないiPhoneユーザーも多くいることは確かで、発生条件がなんなのかが謎でした。

しかし、このiOS 12アップデート後の一連のWiFi接続不具合は多くの場合、ウイルスバスター・アプリをインストールしている個体で発生しているようです。

どうやらドコモも今回のWiFi不具合の原因がこのウイルスバスター(モバイル)にあると案内している模様。

よって、このアプリをアンインストールすれば不具合は改善するようです。

ただ、現在このウイルスバスターモバイルを含むトレンドマイクロ社のiOS向けアプリが全面的に提供中止となっているようで、現時点では一旦アンインストールをすると再インストールはできない状態の模様ですので、ご注意を。

そう言えば、一部のドコモSIMを指しているiPhone XsやXs MaxではドコモWiFi (docomo0001)への認証ができず使えない、という報告がちらほらありますが、ひょっとして今回の問題と何らかの関連性があるのでしょうか。