Huawei Mate 20 Proのベンチマークスコアが発見、SDM845以上、iPhone Xs以下の性能

10月16日に発表され、国内でも少なくともドコモから冬春モデルとして発売されることがほぼ確定しているHuawei Mate 20 Pro

最新チップ、Kirin 980を搭載したこの新型ファーウェイモデルのGeekbench上でのベンチマークスコアが発見されました。

ご覧のようにスコアはシングルコアが3390、マルチコアが10318となっています。

クアルコムのライバルチップ、SDM845を搭載したXperia XZ3やXZ2、XZ2 Premium、Galaxy S9/S9+などのスコア大体8000~9000ポイント程度。

よって、このKirin 980の方がSDM845よりも1割~2割程度はベンチマークスコアが上、ということになります。

ただ、アップルのA12チップを搭載したiPhone XsやXs Maxのスコアは11000以上なので、さすがのKirin 980も最新iPhoneの性能には届かず、といった感じ。

もちろんベンチマークスコア=実使用での速度、とは限りませんが、この部分については実際に使ってみるしかなさそうです。

コメント

  1. がみがみ より:

    ベンチマークでは多少劣っていそうですが、バッテリー持ちやカメラでiPhoneをだいぶ上回るとの前評判です。
    非常に楽しみにしています。

  2. Tei より:

    処理速度を 60% 向上させるという GPU Turbo ってのはどうなったんですかね?