iOS12アプデ、旧型iPhoneは要注意!動作改善もバッテリー消費が早くなるとの報告。アプデ前後の電池持ち比較

本日リリースされたiPhoneおよびiPad向けの最新iOS、iOS 12。

iPhone 5s以降が対象で、昨年のiOS 11と同様のアップデート対象ラインナップとなっています。

さてこのiOS 12アップデート、ネット上でアプデ後のiPhoneユーザーの声を拾っている限り、これと言った致命的不具合はなく、全体的な評判としてはかなり良いほうではないでしょうか。

また、バージョン後にはアプリの立ち上げやスワイプ、文字入力といった様々な動作が速くなった、軽くなったというポジティブな報告も多数上がっており、これは特にiPhone 5sやiPhone 6、6sなどといった古めの機種のユーザーからの報告が多いという印象。

ただ、その一方で旧型モデルのiPhoneではiOS 12へのアップデートでバッテリー持ちに関しては悪化しているという報告が多数見られます。

また、こちらのYoutubeに投稿されていたiPhone 5s、iPhone 6、iPhone 6s、iPhone 7のiOS iOS 11.4.1→iOS 12へアップデートする前後でのバッテリー持ち比較でも更新後に全ての機種で電池持ちが悪化していることが分かります。

iOS 11.4.1iOS 12
iPhone 5s2時間58分2時間42分
iPhone 6s3時間2時間36分
iPhone 6s2時間54分2時間42分
iPhone 73時間11分2時間53分

全体としては1割~2割程度バッテリー持ちが短くなっている、という感じでしょうか。

ただ、その一方でiPhone 8/8 PlusやiPhone Xユーザーからはアプデ後に逆に電池も消費が減った、という報告が上がっているのも事実です。

まだアプデ提供から間もないので断定はできませんが、少なくとも旧型iPhoneに関しては動作が特別遅いと言った不具合でもない限り、ちょっとアップデートを様子見するのも一案かもしれません。

コメント

  1. sage より:

    バックグラウンド処理してデータベースを更新するなどしてるらしいので
    しばらくするとバッテリ消費も落ち着きますよ