Galaxy S10シリーズは5.8、6.1、6.4インチの3モデル展開に、iPhone Xs/Xrに対抗?

サムスンが来年2月に発表すると思われる次期フラッグシップGalaxy、Galaxy S10シリーズ。

現行のGalaxy S9シリーズではS9とS9 Plusという2モデル展開ですが、次期シリーズではこれがちょっと変更されるようです。

Technobuffaloが伝えたもので、これによると、Galaxy S10シリーズは5.8インチ、6.1インチ、6.4インチの3モデル展開になるとのこと。

このうち、6.1インチはメインストリームのGalaxy S10、6.4インチがGalaxy S10 Plusになり、5.8インチはおそらくこれらの廉価版という位置づけになる模様。

また、Galaxy S10については12MPの78度ワイドアングルレンズと16MPのスーパーワイドアングルレンズを搭載されるとのこと。

一方で、Galaxy S10 Plusにはこれら2つのレンズに加え、13MPの望遠レンズが追加されトリプルレンズ仕様になるとのことです。

5.8インチ版のGalaxy S8については名称も詳しいスペックも不明ですが、”廉価版”ということなので、シングルカメラ仕様という可能性も高そうですね。

3モデル展開、と言えば日本時間の13日未明に発表される2018年版iPhoneのiPhone Xs、iPhone Xs Max、iPhone Xrですが、この5.8インチモデルのGalaxy S8はちょうどこのLCD6.1インチの廉価版、iPhone Xrの対抗機種という位置づけになるのかもしれませんね。