朗報:Xperia XZ3ではXZ以降に廃止されたあの便利機能が復活、OLEDのお陰?

ソニーモバイルの新型フラッグシップモデル、Xperia XZ3

前機種のXZ2の評判、売れ行きがいまいちだったこともあり、代わりに同機種への乗り換えを検討、ドコモ版、au版、ソフトバンク版の発売予定が気になっている方も多いようですね。

一方、このXZ3はOLEDの初搭載など、ハード面でのスペックに注目が集まりがちですが、このXZ3では新UIを含め、ソフト面でもかなり過去モデルから進化がある模様。

そして今回、Xperia XZ3では過去にあって一度廃止されていた機能、「タップして起動」が復活していることが明らかになりました。

スリープ状態で画面をダブルタップするとディスプレイが点灯するこの機能、「ダブルタップで起動」、あるいは「ダブルタップでスリープ復帰」と呼ばれることもあります。

覚えている方も多いとは思いますが、この機能はXperia XZまでは搭載されていたものの、Xperia XZs/XZ Premiumを含むその後の後継機では廃止されてしまっていました。

それが今回復活し、その理由は不明ですが、可能性としてはAndroid 9.0、あるいはOLEDの新搭載と関係があるのかもしれません。

また、もし前者だとすると、同機能はAndroid 9.0へのアップデートでXperia XZ2シリーズやXZ1シリーズ、XZ Premiumなどでも搭載となる可能性があると思います。

ダブルタップで起動、あるいはダブルタップでスリープ復帰は物理ボタンを押すことなくスリープから復帰できる、という点では便利である一方、触れるだけで反応して画面の点灯する指紋認証センサーの普及であまり必要性がなくなった、という意見もあると思います。

ただ、指紋センサーが背面に配置されている端末を卓上に置いている場合などはダブルタップで端末をスリープ復帰できると便利な場合が多々あるのも事実。

個人的には時間や通知など、ロック画面上に表示される情報を見たい際に重宝していたので、Xperiaでこれが廃止された際は結構不便に感じた記憶があります。