Xperia XZ3 Pro? XZ3には上位機種が存在の可能性、6GB RAM版のベンチマークスコアが発見

ソニーモバイルが30日に正式リリース発表をして新型Xperia

結局、Xperia XZ2の派生機種ではなくXperia XZ3という普通の次世代機種という位置づけになりましたが、スペック面でも事前リーク・予想とはいくつか異なる点がありました。

ディスプレイがFHD+ではなくQHD+(2880 x 1440)という点もしかり、さらにメモリについては6GB RAMがデフォルトになると言われていたのがいざ蓋を開けてみると公式スペック上では4GB RAMとなっており、これについては国内外からがっかりしている声も聞こえてきます。

しかし今回、ベンチマークスコアからこのXperia XZ3には6GB RAM搭載版が存在することが明らかになりました。

新型Xperiaについては発表の1ヶ月以上前にUnprof上でH8416、H9436、H9493という3つの型番の存在が確認されており、今回のものはこのうちの最後、H9493のもの。

ちなみにH8416のベンチマークも発見されており、こちらは発表どおりのスペック、4GB RAMとなっています。

ちなみに過去のパターンでは、Xperiaの型番で1つ目の番号が違う場合は(H8XXXとH9XXX)機種も異なる、というのが通例なので、ひょっとしてこのH94XXはXperia XZ3の上位機種(XZ3 ProとかXZ3 Plusとか?)という可能性も。

また、XZ2の発表の際は4GB RAM版も6GB RAM版も発表直後にその存在が公式サイト上で明らかになっていたのですが、このXperia XZ3では私が見た限り、スペック表に6GB RAM当サイト表記している国、地域はありません。

前モデルのXperia XZ2は確か香港版や中国本土版だけが6GB RAM搭載でしたが(記憶違いだったらゴメンナサイ)、今回は今の所、香港版も公式サイトを見る限り4GB RAMと記載されています。

もちろん、型番パターンが変更になり、同じXperia XZ3という可能性も十分にあります。

ただ、そうであったとしてもこのXperia XZ3にも6GB RAMが存在することは確実で多くのユーザーにとっては朗報。
今回こそはドコモ、au、ソフトバンクの国内版もこの6GB RAM搭載版にしてほしいですね。

追記:

Weibo上のリーカー、Zackbucks氏によると、 (H94XX)が中国向けの6GB RAM搭載版でさらにデュアルSIM+デュアルスタンバイに対応とのこと。

一方、その他の地域はH84XXのシングルSIMで4GB RAMを搭載、ということになるようです。(よって、すべて同一機種”Xperia XZ3”)

よって、”その他”である国内のドコモ版、au版、ソフトバンク版も残念ながら4GB RAM搭載、ということになりそうです。

コメント

  1. あほん より:

    またガセっすか?

  2. ジョーイ より:

    何故態々拘らない人にもゲームとかで気にするからある程度わかりやすいスペックを下げて売るのかさっぱりわからないな。この行為になんの意味があるのだろうか。

  3. ひすいえん より:

    おいおい日本企業なのに日本差別かよ